青森県

たらポッキ温泉 (田川温泉) ★4.0

最終入湯日 : 2007-5/1

ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
(たらポッキ温泉)
44.5度 / ph8.0 / 150L / 掘削自噴 / S59.5.10
Na+ = 880 / K+ = 38 / Mg++ = 3.4 / Ca++ = 5.6
Cl- = 883.5 / F- = 1.4 / Br- = 1.0 / I- = 2.5
SO4– = 64 / HCO3- = 756.7 / CO3- = 54
H2SiO3 = 100.5 / HBO2 = 18.6
成分総計 = 2820mg

青森県青森市大字鶴ケ坂字田川88-3
017-788-1347
男女別内湯
350円
9:00 – 20:00

なんとも可愛らしい名前の温泉です。
食品会社が経営する温泉銭湯で、「たらポッキ」は、同社の主力商品のひとつから取ったとの事。お酒のつまみでよく見かける、要はチータラです。
ナイスネーミングセンスに脱帽!
もし、某マク○ナルドが温泉持っていたら、ビック○ック温泉とか作ってくれるのでしょうか。
そんな温泉あったら飛んで行ってしまいますが・・・

名前はちょっと変わっていますが、内部は ちゃんと真面目に温泉銭湯しています。
ただ、受付け脇に同社の商品が陳列・販売されており、ポイントをしっかり押さえていてくれて少し嬉しいです。
脱衣所の棚に置かれた籠に、緑色の網がかかっていました。
単に洋服が落ちない為の工夫と思いますが、ちょっと珍しいかも・・・?
漁師網のようにも見え、海の幸の珍味を売り物にしている同社のイメージにぴったりな気がします。

さて、浴室。タイル張りの、素朴で少し鄙びた印象のものです。
中央に浴槽があり、壁側2面が洗い場になっていました。
お湯はうっすら緑がかって見えるもので、ほぼ透明です。ちょっとだけ細工された湯口から熱めのお湯がドボドボと注がれていました。
湯口の脇には飲泉コップがあり、試しに飲んでみると、ごく僅かに塩味とダシ味のようなものを感じました。

お湯の肌触りは、少しだけツルツルするものです。
ただ、同時に塩分も多く含まれているようで、お湯から上がるとベタベタに代わります。
温度自体が少し熱めなせいもあってか、体が芯から一気に暖まり、汗がとめどなく流れ落ちます。
長時間入浴していた訳ではありませんが、グッタリヘロヘロになってしまいます。

何気ないお湯に見えて、力強さが素晴らしい!
お湯からはほんの僅かに潮の臭いが漂い、これはこれで悪くありません。
湯船に使っている時間3割、洗い場にペタンと座りグッタリしている時間7割でしたが、良いお湯をじっくり堪能する事が出来ました。

名前の面白さに惹かれて行ってみたのですが、お湯も素晴らしくて大満足な一湯でした。

余談ですが、ココ、未湯である事を友人に話したところ、「え~!? 行ってないのぉ!?」と、散々煽られたのですよね。
これでもう煽られる事はありません。
そういう意味でも立ち寄れて本当に良かった・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました