青森県

共同浴場 花染の湯 (恐山温泉) ★4.5

最終入湯日 : 2009-7/18

酸性硫黄泉?

青森県むつ市田名部宇曽利山3-2
0175-22-3826
内湯 × 1
500円 (恐山入山料)

営業時間
恐山の開山時間次第

恐山の参道から目立つ所にある3つの共同浴場、古滝の湯と冷抜の湯、そして薬師の湯。
てっきりこの3か所だけかと思っていたら、友人がもう一カ所あると言うではありませんか。
それがこの花染の湯です。へぇ・・・ そんな所があるなんて、知らなかったです。
早速行ってみよう!

と言う事で、地図を片手にその場所へ向かう と、参道から完全に離れ、従業員専用通路っぽい宿坊の裏手に出てしまいました。周囲には観光客の姿どころか、誰もいません。
「ココって立ち入り禁止では? 呼び止められたらどうしよう?」
そんな不安を感じ始めた頃、「←花染の湯」と書かれた看板が出てきました。
その看板に勇気づけられ、更に進むと、建物の陰に隠れ、ひっそりと佇む湯小屋を発見!どうやらこれがお目当ての花染の湯です。
湯小屋の背景にには荒涼とした風景が広がっていました。
参道沿いにある3つの共同浴場も良い風情ですが、この花染の湯も、かなり良い風情を醸し出しています。

外に混浴の看板が掛けられていましたが、先客はいませんでした。
こんな場所にあるだけあり、訪れる人は少ないものと思います。
基本的な作りは他の共同浴場に似ていますが、こちらの湯船は縦に長い湯船が1個あるだけです。湯口は一番奥にあり、浴槽内に仕切りがあって3つに分かれています。
仕切りのお陰で温度差が出来ており、湯口がある一番奥が熱めで、入口近くになるにつれて温度が低くなっていました。
とは言え、入口付近でも45度くらいあります。恐山のお湯は熱めのセッティングなんですねぇ!

さて、その熱めのお湯。しっかり掛け湯をし て体を沈めると・・・
お湯から強い硫黄臭、これは直前に入った冷抜の湯と同じ、苦味まで臭いで伝わる強烈な物です。
彼方此方からお湯が沸いている恐山、冷抜の湯とは別源泉なのだろうと思います。
基本的に同じ系統ですが、所々に湯花も舞っており、こちらの方が少し濃く感じます。
利用者が少ないだけあって、鮮度は抜群! これは気に入りました!

冷抜の湯も、以前利用した薬師の湯も、参道が近い為に観光客がひっきりなしに覗きに来て落ちつかないですが、ココはそんな心配とも無用です。
あまり長居はしませんでしたが、気持ちよく入浴する事が出来ました。

恐山に4つある共同浴場、どれも素晴らしいですが、個人的にイチオシな一湯です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました