青森県

せせらぎ温泉 (上前川原温泉) ★4.0

最終入湯日 : 2007-4/30

ナトリウム-塩化物泉
(上前川原温泉)48.6度 / ph7.79 / 224L / 動力 / H15.5.9
Na+ = 3387 / K+ = 49.1 / MH4+ = 6.7 / Mg++ = 57.7
Ca++ = 332 / Fe++ = 0.4 / Cl- = 5404 / Br- = 17.7
SO4– = 376 / HCO3- = 109.6 / CO3– = 6.6 / H2SiO3 = 99
HBO2 = 54 / CO2 = 8.6 / 成分総計 = 9910mg

青森県十和田市大字相坂字下前川原188-1
0176-23-0078
男女別内湯 ・ 露天風呂
350円
6:00 – 23:00

十和田湖へ行く途中に立ち寄った日帰り入浴施設です。
周囲に田畑が広がるただっぴろい所にあり、駐車場など広々としています。
入り口に「スーパーマグナム風呂」なる旗がたなびいていました。ナンダコリャ!?
なんかビールとかそう言うものを想像してしまうのは私だけでしょうか?
内部は広々。待合スペースなんかもあり、使い勝手がとても良い印象です。

さて、お風呂。内湯と露天風呂があります。
まずは内湯。広々としており、洗い場と湯船がしっかりと離れていて、泡など飛び散る心配が無い嬉しい設計。
入って右手側に湯船が並んでおり、手前にジャグジーが2つ、その奥に低温、中温、高温とと続いています。
スーパーマグナム風呂はどうやらジャグジーの事だったらしいです。
んー、何がどうスーパーマグナムなの? っ言うか、こちらではジャグジーの事をマグナムと呼ぶんでしょうか?
ってか、そもそもマグナムってどう言う意味?
教えてえらい人!

で、まぁ、私はジャグジーにさほど興味無い ので、華麗にスルー。一番奥の熱湯浴槽へ行きます。
黄土色に濁るお湯が張られており、湯口からザブザブと熱い源泉が注がれていました。
どーでも良いけど、ここの湯口、妙にメルヘンチックと言うか・・・
可愛らしいです。

熱湯浴槽は46度程度あると思われるもので、ガツンと力強い入り応えがあります。
お湯は塩分を多く含むもので、湯口のお湯を口に含むと塩味と苦味、僅かな鉄味も感じます。 うっすらと金気臭に土類臭が混じるものでした。

すぐ脇にはサウナがあり、水風呂がサウナ入り口隣にありました。
熱湯浴槽でグッタリ疲れるまで体を温めたあとに、水風呂に入って瞬間冷却をする。
行ったり来たりを繰り返していると、長時間お湯に浸かっていられます。
お陰でじっくりお湯を堪能することが出来ました。

続いて露天風呂。
内湯からそのまま出ることも出来ますが、脱衣所にも繋がっています。
出ると最初に目に飛び込んだのが・・・ 鉄棒?
なんでこんな所に?
誰か利用者いるのでしょうか。でも、素っ裸で鉄棒している人の事を想像すると、かなりブルーになれます。
露天にはひょうたんのような形をした通常浴槽と、プールのような広々とした浴槽の2つがありました。

まずはひょうたん浴槽。湯口から内湯のものと同じものが注がれています。
一部がジャグジーになっていました。
お湯は、かなり劣化・・・ というか、汚れています。湯面にいろんなものが浮いており、気分良く入浴は出来ません。
同行した友人曰く、普段は良いお湯だそうですが、この日はとても残念な状態と言うしか無く・・・
広い浴槽はほとんど水風呂でした。温水プールとでも言うべきか・・・
手を突っ込んでみただけで、実際には入りませんでしたので、どんなものだか想像がつきませぬ。
何となくですが、ネタ的に入っておくべきだったと少し後悔。

素晴らしいお湯なのですが、それと同時に、そこはかとなく漂うB級ムードが素敵です。
結構気に入りました。
立ち寄れた事を素直に喜びたい一湯です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました