北海道

株式会社阿寒湖バスセンター (阿寒湖温泉) ★3.5

最終入湯日 : 2006-7/15

単純温泉
(神社泉源(大蔵泉源)) 57.1度 / ph6.7 / 300L(動力)
Na+ = 83.9 / K+ = 8.2 / Mg++ = 14 / Ca++ = 33.7 / Fe++ = 1.2
Cl- = 36.2 / SO4- = 65.3 / HCO3- = 273.2 / H2SiO3 = 186.7
CO2 = 80.2 / 成分総計 = 790mg

北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉3丁目4-5
0154-67-2655
男女別内湯
500円
5:00 – 8:00 / 17:00 – 21:00

阿寒湖温泉街の端っこ、大型バスなどが出入 りするバスターミナルにある温泉です。
本来はバスセンターに勤務されている方の為の施設と思われ、従業員用の簡易宿泊所の一角にあります。
それが一般にも開放されているみたいですね。
温泉などがあるような案内は一切無く、また、利用料金の支払いもバスチケットを購入する窓口で行います。
今回は札幌在住のGさんに案内頂いたので迷わずに利用できましたが・・・
一体どうやってこんな所を見つけたのでしょうか。
お風呂はチケット購入窓口から一旦外に出て、バスの停留所脇にある小さな通用口を入った中にあります。
どう見ても関係者専用出入り口で、普通の人ならばそこをくぐって中に入ろうとは思わないでしょう。

内部はと言うと、共同浴場的な立派なもので、内湯のみですがちゃんと男女別になっています。
浴室は何の飾りっけもないとてもシンプルなもの。まさしく共同浴場と呼ぶに相応しいものです。
手前に数人分の洗い場があり、奥にタイル張りの浴槽がありました。

お湯は無色透明で、僅かに温泉臭が漂うもの です。
湯口からはざんざかお湯が掛け流されており、結構熱め。
指先がビリビリする刺激的なお湯で、最初は芒硝泉なのかとばかり思っていましたが、どうやらこのビリビリ感は単にお湯が熱かったからみたいで・・・
まだまだ修行が足りません。^^;
ともあれ、とても鮮度が良いお湯で、単純温泉ながらとても気持ちよく入浴する事が出来ました。

意外な場所にある、普通では絶対に見つける事が出来ないであろう一湯です。
札幌のGさんに大感謝!
ある意味、秘湯中の秘湯と言えるかも知れませんね。
食堂系、寺院系、病院系など、色々な変り種温泉に入ってきましたが、私の入浴コレクションに新たに「バスターミナル系」と言う新ジャンルが加わりました。
こう言う面白いところが他にもあれば、もっともっと入ってみたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました