北海道

コタン共同浴場 (古丹温泉) ★4.5

最終入湯日 : 2006-7/16

ナトリウム-炭酸水素塩泉
68.3度 / ph7.0 / 動力揚湯
Na+ = 157.1 / K+ = 6.8 / Ca++ = 21.9 / Mg++ = 7.5
Cl- = 52.5 / HCO3- = 458.8 / H2SiO3 = 289.3
CO2 = 50.8 / 成分総計 = 1056mg

北海道川上郡弟子屈町字屈斜路古丹
015-484-2833
男女別内湯
150円
12:00 – 22:00

屈斜路湖畔にある小さな温泉地、古丹温泉です。
数件の民宿とお土産屋さんが立ち並び、キャンプ客などで賑わっています。
今回訪れたコタン共同浴場はそれらの建物の裏側にひっそりとありました。
なお、古丹温泉と言えば露天風呂も有名ですが、今回は見物だけしてきて、中には入っていません。

共同浴場の内部は至ってシンプルなものです。
受付があり、そこから男女別の脱衣所と、更には浴室に繋がっています。
建物内には灯油系のアブラ臭が充満していました。まるで、東鳴子のお湯を彷彿とさせるようなとても濃い匂いです。この時点で期待にかなり胸が膨らみます。
営業開始と同時に行きましたので、他の利用者はまだ来ておらず、一番風呂で入る事が出来ました。

浴室内には湯船が一つと、洗い場が数人分あ ります。
湯船にはほんのり黄味がかった、僅かに濁っても見える透明のお湯が張られています。
ここもアブラ臭が充満していました。
さて、期待のお湯そのものの印象ですが・・・
シットリツルツルする肌触りのとても良いものです。温度も高く、浴感もしっかりとあり、いかにも温泉に入っていると言う気分になれるものです。
お湯そのものからもアブラ臭が漂っていますが、思ったほど強くはありません。
湯口は蛇口になっており、熱いお湯がチョロチョロと注がれていました。
ここから出ているお湯は期待通りのアブラ臭がしていて、浴槽内のものに比べると遥かに濃く感じます。
どうやら湯船にお湯を張るとき加水されてしまっているのでしょうね。
仕方がない事とはいえ、とても残念です。

湯口のお湯を口に含んだところ、ほんの僅かに塩味があり、お湯から香るアブラ臭が鼻先を抜けていきました。
東鳴子の初音に良く似たお湯と言う印象です。

なかなか気持ちが良いお湯で、そこまで期待していなかっただけに、大変満足する事が出来ました。
ただ、ここを利用する際は営業開始直後が良さそうです。
私達が出る入れ違いに地元の方が一人入ってこられたのですが、来るなりいきなり水道の蛇口を全開にして大量加水をはじめました。
あ~あ・・・ そんな事しちゃ、お湯が台無しだよぉ・・・
勿論、地元の方がする事ですので、口を挟む事なんか出来ないのですが、少し寂しくなってしまいました。源泉がカワイソウです。

とりあえず、今回はとても素敵なお湯に出会えましたが、次回来た時も良いお湯かどうかは地元の方々の使い方次第ですね。
時間帯によっては再訪したいですが、無理にまた来たいとも思わない一湯です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました