静岡県

まつざき海浜荘 (松崎温泉) ★4.0

カルシウム・ナトリウム-硫酸塩温泉
(源泉名:松崎2号、6号、12号、13号)
62.2度 / pH8.5 / H14.6.19
Na+ = 321.8 / K+ = 10.2 / Ca++ = 335.8 / Mg+ = 1.3
Cl- = 86.6 / Br- = 0.4 / I- = 0.2 / HCO3- = 9.3
SO4- = 1339 / CO3- = 5.1
H2SiO3 = 65.6 / HBO2 = 1.8
総成分 = 2177mg

静岡県賀茂郡松崎町江奈207
0558-42-0127
男女別内湯
日帰り入浴のみ不可

2020年は新型コロナウイルスの影響で殆ど温泉に入る事が出来ていません。
まぁ、不要不急の外出は控えてくれって、世の中は自粛ムードで一色ですからね。
東日本大震災の時にもあった自粛だ不謹慎だという意見には「馬鹿馬鹿しい!こんな時こそ東北旅行に行くのが復興支援だ!被災者でもない人が経済を止めてどうするんだ!」と憤りすら感じていましたけど、今回ばかりは感染症を広めてしまう可能性がありますからね。

で、そんな外出自粛ばっかりしていると、飲食業や観光業が大打撃を受けるわけです。
そこで始まったのが、GoToトラベルやGoToイートのキャンペーン。要は、旅行や食事をしたら助成金で物凄く割り引きますよ!みんな旅行や食事して経済回してね!って話なのですよね。
あれ? もう自粛しなくて良いの・・・!?

私の周囲でもGoToトラベルの恩恵で温泉に格安で泊まったなんて話がチラホラと聞こえてきます。
しかし、私の住まいは日本で一番ヤバいと言われる歌舞伎町がある新宿区。真っ先に「お前だけは出歩くな!」と言われちゃうような場所なんですよね。
「良いなぁ~! うちも温泉に行きたいのになぁ~! でも、うちは行っちゃ駄目だよなぁ~」
なんて、悶々としながら耐える日々。

でも、結局、我慢も限界!
ただでさえ全然温泉入れていませんでしたし、安く泊まれた!なんて話を聞いて煽られない筈がありません。
と言う事で、私も行ってきてしまいました、ゴメンナサイ。

.

今回選んだお宿は、西伊豆にある松崎温泉の「まつざき海浜荘」です。
西伊豆って、海産物が美味しい割には安くて良いお宿が多いんですよね。
まつざき海浜荘は創業200年で、松崎温泉の中でも一番古い歴史をお持ちとの事。色々と調べて見て良さそうなので、こちらに決めました。

さて、到着したお宿。松崎温泉で一番の歴史と聞いていましたが、外観だけ見ると民宿に見えなくもない、アットホームな感じのする、親しみの沸く小さなお宿です。
周辺には大規模なホテルなんかもありますので、ここが松崎温泉で一番歴史の古い宿だと言われても、「え?そうなの?ここが?」と言う気がしないでもありません。

ただ、お宿に入って磨かれた床を見た瞬間に「あ、ここ、良いお宿だな」って分かりました。
とても清潔に手入れさた館内には塵ひとつありません。
床は綺麗にワックスがけされていて、スリッパなんか履いたら勿体なくて裸足で歩きたくなります。手すりだって無駄に撫ぜ回してしまう程に肌触り良くて気持ちが良いです。
見た目立派でも清掃が雑で幻滅してしまう所ってありますからね。
歴史がある分、すごく大切に守り続けているお宿だって事がひしひしと伝わってきます。

今回はいつもの私と紅鮭+娘2人に加えて、母も一緒の5人旅行。
そのお陰か、結構広めなお部屋を用意してくださいました。

シンプルですが、清掃が行き届いていてとても心地の良いお部屋です。

.

宿についたら早速お風呂!
と言いたい所でしたが、まずは子供サービス優先。

御宿から歩いて5分の所に、夏場は海水浴が楽しめる松崎海水浴場や、半島のように突き出した弁天島をぐるっと一周出来る遊歩道なんかがあります。
この日は物凄く風が強くて子供たちが吹き飛ばされそうだったので、命の危険を感じる弁天島一周の遊歩道は途中で断念。
代わりに海岸で石拾いなんかをしつつ、夕日を見てから宿に戻りました。

.

さて、お待ちかねの温泉です!

男女別の内湯があるのですが、折しもコロナで感染症予防が叫ばれていますので、時間を区切っての貸切利用になります。
私と次女が男湯、紅鮭と長女、母は女湯に分かれて入浴。

お宿の規模に相応って感じのコンパクトな浴室です。

個人的にこれくらいの大きさのお風呂って大好きです。
館内と同様にこちらも綺麗。

お湯は無色透明で、ほんの僅かに温泉臭と石膏臭が混ざるような感じです。
完全掛け流しで鮮度は悪くありません。しっとりペタペタ系の肌触り。癖が無くて毎日でも入りたくなるお湯です。

硫酸イオンが1339mgと他の成分に比べて突出しているので、芒硝臭がするのではと期待しましたが、芒硝臭は殆ど感じません。
中伊豆とかだとハッキリと分かる芒硝泉があるので、盛大な芒硝臭がするのではと、ちょっと期待していたんですけどね。

でもまあ、気持ちが良いお湯である事には間違いがありません!
先客が温度調整をしたのかも知れませんが、少し温めくらいの適温です。
あと2度温度が高ければもう少し違った印象のお湯になっていたかも知れません。

.

浴後は食事です!
今回は通常のプランに加えて、少しだけ贅沢に「本わさび付活き造り」を追加注文。
ありきたりな言い方しか出来ませんが、美味しくてボリューム満点!
個人的に印象に残っているのがイルカのジャーキーです。ちょっと血生臭さと獣臭さの混じる、何とも言えない珍味。静岡の一部ではイルカを食べる文化が残っているみたいですね。
母と嫁は口に合わなかったらしくて、全部私が頂く事になりましたが、結構好きかもしれません。
地元の食材と伊豆の地酒を嗜みながら、至福のひと時を過ごす事が出来ました。

.

気持ちの良い温泉と美味しい食事で大満足の夜を過ごして、翌朝。
朝から風呂に入るぞー! と思って、男湯に行くと・・・

ん・・・?
あれ・・・!?

お湯がナイ!!!!!

慌ててお宿の人を捕まえて聞くと、どうも、別の子供連れ家族が栓を抜いちゃったのかもしれないとの事です。
とても申し訳なさそうにするお宿の方。まぁ、こういう事もありますよね、仕方がないです。
代わりに女湯が空いていたら使って下さいとの事でしたが、残念ながら既に使用中。
楽しみにしていた朝風呂に入れないまま、先に朝食を頂きました。

.

朝食は朝からボリューム満点です!
サザエのお刺身がついてきました。思わず日本酒でって言いたくなりますが、これから運転する事を考えるとグッと我慢。

.

食後はやっと入れました、朝風呂です!

男湯の栓が抜かれていたお陰?で、女湯にも入る事が出来ました。
昨晩入った男湯よりも少しだけ鮮度が良く感じるのは、湯舟が小さいからでしょうか。お湯の印象は男湯と変わらず、石膏臭のするシットリ系。
湯口に鼻先を近づけて臭いを嗅ぐと、ほんの僅かですが芒硝臭も感じますが、成分量から期待する程の香りはしません。

でもまぁ、気持ちが良いお湯である事に変わりはありません。

もしかしたら次に待っている人がいるかもしれない。
そんな事を考えると長湯も出来ず、30分程度で上がってしまいました。
出来る事ならば1時間とかそれ以上? 気が済むまでゆっくり浸かっていたくなるような、とても気持ちが良いお湯でした。

.

西伊豆で温泉に入りながら美味しい海産物と言えば、今までならば真っ先に雲見温泉が頭に浮かんだのですけどね。まつざき海浜荘さんの食事と温泉には大満足です!
雲見温泉のお湯も好きですけど、雲見はけっこうしょっぱい塩化物泉なんですよね。松崎温泉も雲見と同じように海沿いなのですが、塩分は微量にしか入っていない、浴後感がサラサラで気持ちの良いお湯なんです。こういう素朴なお湯って、個人的にかなり好きです。

西伊豆には定期的に来たくなるんですよね~
色んな所に泊まってみたい浮気性な私ですが、次来るときもここで良いかな?って思う程に素敵なお宿でした。

.

参考までに、1泊2食付き、1室で大人3名+6歳と4歳の子供で計5名、活き造りの追加オプションつきで、通常金額が税込み約48,000円です。
これが、GoToトラベルで約17,000円割り引かれた上に、7,000円分の地域振興券もついてくるので、実質約24,000円となり、ほぼ半額で宿泊する事が出来ました!
確かにかなり安いです。これならば毎週温泉に泊まりに行きたくなっちゃいますよね。
でもまぁ、やっぱり後ろめたさはあるので、結局GoTo使ったのはこの一度キリなんですけど・・・

誰にも後ろめたさを感じる事無く、気持ち良く温泉めぐりが出来る日常が一日でも早く戻って来ること、心から底から祈っております。

.

2020年 10月24日 ー 初訪問・宿泊

コメント

タイトルとURLをコピーしました