人吉温泉 熊本県

鶴亀温泉 (人吉温泉) ★4.5

ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉
53.9度 / ph7.7 / 160L / H17.8.1
Na+ = 510 / K+ = 78.6 / NH4+ = 1.4 / Mg++ = 1.7
Ca++ = 11.4 / Cl- = 437.3 / F- = 1.7 / Br- = 1.2
HS- = 0.1 / SO4– = 0.7 / HCO3- = 887.4
H2SiO3 = 187 / HBO2 = 47.7 / CO2 = 13.8
成分総計 = 2180mg

熊本県人吉市瓦屋町1120-5
0966-23-4906
男女別内湯
300円
14:00 – 21:00

人吉市街の、ちょっと外れた所の住宅街一角にある、深い歴史を感じる事が出来る公衆浴場です。日が落ちてから行ったせいで、なかなか発見出来ず、随分と迷ってしまいました。
住宅街とはいえ、とても暗く、建物の全景を見る事が出来ません。後でネットで調べてみたところ、実に素晴らしい外観をしているではありませんか!
うーん、自分自身の目で見たかった。ショック!これは再訪せねばです・・・

内部は、使い込まれてた年季を感じる素晴らしいもので、造りは至ってシンプル。
脱衣所があり、そこから数段下がった所に、浴室があります。
どうでも良い事ですが、今回人吉で温泉銭湯を3箇所湯巡りをしましたが、どの浴室も脱衣所から数段低い場所にあるんですね。
個人的に大好きなアプローチです。
なんか、説明し辛いですけど、段差があると無いとでは、私の中で受ける印象が全然違って見えるのです。

浴室内には、湯船がひとつ、中央にデーンとあります。浴槽は2つに仕切られていて、手前は寝湯でしょうか、ちょっと浅めでぬるいもの。奥が通常入る為の物で、深いです。
湯口は奥側にあり、手前側はそのオーバーフローを貰う形になっていました。
湯船にに浸かって、まず最初に目についたものは・・・湯口!なんと、えびす様ではありませんか!
お湯はエビス様の口からドボドボと注がれています。
ぶっちゃけ、これって一体どーなのよ?神様に失礼なんじゃ・・・???

で、肝心のお湯ですが、暗くてよく見えなかったものの、透明で、僅かに褐色気味に見える物です。
すこし温めで、肌触りがツルツルしてなかなか気持ちが良いです。
エビス様の湯口に鼻先をつけて臭いを嗅いでみたところ、僅かな鉱物系のモール臭と、これまたごく僅かな硫黄臭がしました。
癖の無い感じがするお湯ですが、結構良いです。

浴室の雰囲気も良く、同じく人吉にある新温泉ほどではありませんが、湯船に浸かった状態から見上げる脱衣所側の風景が何とも癒されますね。
今のままの状態でずっとあり続けて欲しいと思った一湯でした。

2007-10/6

コメント

タイトルとURLをコピーしました