熊本県

平山温泉センター(平山温泉) ★3.5

単純硫黄泉

熊本県山鹿市平山286
男女別内湯
0968-43-2041
150円
7:00 – 22:00

温泉チャンピオン、郡司勇さんの著書「一湯入魂温泉」でも紹介されている施設です。
・・・と、言っても、その本で紹介されていると知ったのは後になってからの事。
当初は全く別の温泉を探していたのですが、なかなか見つける事が出来ず、代わりにこの施設を見つけ、「ま、折角来たんだし、入ってみるか~」程度に入浴してみました。
「平山温泉センター」なんて名前を見ると、立派なセンター系日帰り入浴施設を想像してしまいがちですが、実際はかなり鄙びた共同浴場です。
平山温泉街の中心地にあり、夜中だと言うのに、地元の方を中心に結構賑わっていました。

浴室内には、広々とした湯船が3つあり、それぞれが繋がっています。
一番左には小さな湯船があり、熱めのお湯がどばどば掛け流されています。温度は、およそ46度~47度と思われ、誰も入っていません。

真ん中の浴槽は一番広く、熱めの浴槽よりも少し低い所にある為、熱いお湯が流れ込んでくる仕組みになっています。
お湯の温度は42度くらいと思われ、適温です。こちらにも湯口があるのですが、温めのお湯がチョロチョロと加えられていました。

最後に、一番右にある浴槽は、少し小さめで、湯口はありません。矢張り一段低く造られており、真ん中の浴槽からのオーバーフローを貰っていました。お湯は一番温く、40度ほどと思われます。

無色透明のお湯で、特に湯花などはなく、見た目にはとても平凡な印象を受けました。
でも、入ってみると、なかなかツルツルする気持ちの良いお湯で、臭いもほのかな硫黄臭がします。
決して個性的という感じではありませんでしたが、優しいお湯なので、毎日入っても飽きがこない感じがします。
3つある浴槽、どれも気持ちが良かったですが、一番気に入ったのは左の熱いお湯です。
勿論長湯出来るような温度ではありませんでしたが、ここがお湯の量も豊富で、硫黄臭も一番強く感知できました。
後から聞いた話ですと、この左の浴槽湯口から出ているお湯は、加熱されているらしいですね。
これは、沓掛温泉の小倉乃湯でも感じた事ですが、暖めた方が硫黄臭が強くなるような気がします。
まあ、熱さにも限度はありますが、浴感もタップリあったので、なかなか満足の一湯でした。

なお、この平山温泉センターですが、道路の拡幅工事のため、取り壊しが予定されているそうです。
貴重な鄙び系共同浴場がまた一つ減ってしまう・・・
何とも悲しい話です。
恐らく、違う場所に、新たな施設が建てられる事になるのでしょうが、きっと綺麗で使い勝手の良い、立派なものが出来上がってしまうんだろうなぁ・・・
(ま、どんな施設だって、いきなり鄙びていた訳ではないので、新しく出来る施設もいずれは鄙びるとは思うのですけどね。)

今回、ここを目的に来た訳ではありませんでしたが、たまたまでも入浴出来てとても良かったです。
まだの方、入れるうちに入っておいて欲しい、お勧めの一湯です。

2005-10/8

コメント

タイトルとURLをコピーしました