静岡県

禅の湯 (天城温泉) ★4.0

カルシウム・ナトリウム-硫酸塩温泉
(梨本温泉 梨本17号)
47度 / ph9.0 / 169L / 動力 / H17.3.28
Na+ = 212.3 / K+ = 2.9 / Ca++ = 201.6 / Cl- = 72.4
SO4– = 830.2 / HCO3- = 7.8 / CO3– = 6.7
H2SiO3 = 47.4 / 成分総計 = 1383mg

静岡県賀茂郡河津町梨本28-1
0558-35-7253
男女別内湯 ・ 露天風呂
1000円
10:00 – 20:00

自遊人の無料パスポートで入浴出来るという事で、行って参りました。
伊豆の事は良く分かりませんが、中伊豆とでも言うべき場所でしょうか。七滝なんかが有名だそうです。
今まであまり関心が無かった一帯なので、予備知識も無く、良く分からないまま、とりあえずナビに登録。たどり着いた禅の湯は、何だかとてもお洒落なペンションのような造りをしていました。
最近はやりのデザイナーズ物件とでも言うのでしょうか。あとで調べたらここ、ユースホステルのようで、素泊まりで安く泊まれるみたいです。とても綺麗な造りで、少しビックリしてしまいました。

さて、お風呂。これまた予備知識なんかまるでありません。
タダだし、それほど期待もせず、まずは内湯へ。洗い場数人分と、広々とした湯船があるだけの、シンプルな物です。
デザイナーズっぽいお宿の雰囲気にマッチした、あまりごちゃごちゃと煩くない、すっきりした印象。大きなガラスで採光がとても良いです。
お湯は無色透明の物が掛け流しにされていました。ふと気になったのが、浴室全体を包み込む温泉の匂い。心なしか芒硝臭のような気がするのです。
これまた予備知識無かった私。少しビックリ。

まずは湯船に身を沈めてみたところ・・・
お湯は少し温め。少しだけ肌にツルツル感があります。しっとり馴染む良いお湯。そのうえ、匂いはしっかり芒硝臭がするではありませんか!芒硝臭以外にも、薬味臭のような成分臭も混じっています。
恐れていた塩素臭は一切無し。伊豆って塩化物泉か単純泉しか無いと思っていましたが、良い意味で期待を裏切られました。

続いて露天風呂。こちらはテラスのようになっています。内湯より小さな湯船がひとつあり、ベンチが置かれていて、これまたデザイナーズって感じがします。
やはりスッキリした造りで、悪くありません。
すぐ下に通りが面しているので、フェンスが高く、眺望を望めないのが少し残念。


ここのお湯も無色透明の芒硝泉です。しっかり掛け流されているのが嬉しい!
湯量は露天の方が多く、温度も2度ほど違います。43度程度の適温なのですが、芒硝泉特有の肌をピリッと刺激する感触があります。
内湯と違い空気が篭らず、鮮度も良いので、殆どの時間をココで過ごしました。

まさか、伊豆にこんな気持ちが良い芒硝泉があったなんて!
なんか、伊豆と聞くだけで敬遠していた私ですが、目から鱗です。東北ばかりでなく、たまには関東のお膝元にもしっかり目を向けなければと思ってしまいました。
いつの日か、宿泊してじっくりとココのお湯を堪能したいですね。是非とも再訪したいと思った、素敵な一湯でした。

2008-11/15

コメント

タイトルとURLをコピーしました