栃木県鬼怒川温泉

花の宿 松や (鬼怒川温泉) ★3.0

アルカリ性単純温泉
(鬼怒川・川治温泉観光開発1・2号混合泉)
32度 / ph9.1 / H16.9.8
Na+ = 38.8 / K+ = 0.8 / Ca++ = 92.2 / Mg++ = 0.1
Cl- = 42.2 / F- = 1.7 / SO4– = 223.8 / HS- = 0.2
HCO3- = 3.9 / CO3– = 7.6 / H2SiO3 = 33.8
HBO2 = 1.7 / 成分総計 = 447mg

栃木県日光市藤原19
0288-77-1221
男女別内湯 ・ 露天風呂
1000円
13:00 – 15:00

「温泉博士」と言う雑誌に、無料入浴のクーポンがついていたので、立ち寄ってみました。
なかなかお洒落な旅館と言った感じがします。中に入ると、女将さんでしょうか、無料なのに、とても感じ良く受け付けて下さいました。頭が下がる思いです。
お風呂はフロントから少し離れた所にあります。道順の案内がてら、エレベータまで見送って下さったのがとても印象的です。

浴室は勿論男女別。
まずは内湯。入って手前側に洗い場があり、奥に湯船がありました。
浴室入って最初に感じたのが、鼻を突くような塩素臭。まぁ、これは鬼怒川の泉質と言ってしまいたいくらい、ココでは当たり前の物ですので、仕方が無いかな。
お湯は無色透明。湯口からは盛大にお湯がザブザブと注がれていますが、循環された物と思われ、すでにこの時点で臭っています。

続いて露天。内湯からそのまま外に出ることが出来ます。
こちらにも無色透明のお湯が張られています。内湯ほどではありませんが、僅かに塩素臭を感じます。
しかし、内湯の塩素臭を嗅いだ後のせいか、不思議と悪いお湯には感じません。
パイプ湯口から湯船にダイレクトにお湯が注がれており、その一帯が気泡で泡立っています。
湯口近くに陣取ると、ごく微量ですが、体毛に気泡が不着します。鮮度が良い為につく気泡とは少し違う気もしますが、少しだけ得をした気分になれます。
岩と緑に囲まれた露天からは、目の前を流れる川も見る事も出来、風情は悪くありません。
内湯はともかくとして、この露天は、お宿の上品な雰囲気にもあいまって、良い感じですね。
難点は、蚊に刺されそうだったので、ずっとお湯の中に入っていなければならない事でしょうか。お陰で結構温まりました。

お湯だけに限った話をすれば、私の想像通りの鬼怒川だった訳ですが、無料での立ち寄りだったにも関わらず、対応がとても良かったのには嬉しかったです。
素直に「良いお宿だな」と言う印象を受けました。
立ち寄りできて感謝感謝の一湯です。

2008-10/5

コメント

タイトルとURLをコピーしました