塩原温泉 栃木県

和泉屋旅館 (福渡温泉) ★4.0

ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉
(福渡区右岸源泉) 59度 / ph6.2 / H4.3.16
Na+ = 272.6 / K+ = 19.8 / Ca++ = 65.7 / Mg++ = 4.9
Cl- = 344.1 / SO4– = 164.1 / HCO3- = 176.1
H2SiO3 = 127.7 / 00 / HBO3 = 24.3 / 139.2
成分総計 = 1341mg

栃木県那須塩原市塩原190
0287-32-2005
男女別内湯 ・ 混浴大浴場 ・ 露天
800円
13:30 – 17:00

福渡温泉街の一角にあるお宿です。箒川沿いにとても風格ある建物があり、そこに和泉館とありましたので、そこが入り口かと思いきや、受付けは通り向かいのビジネスホテルのような建物にあります。
うーん、この門をくぐってみたかったのですが・・・
ただ、浴室はこの風格がある建物側にあり、2つの建物は地下道で繋がっていました。
公道の下にトンネルを掘ってしなうなんて、温泉地にある旅館としては随分と手が込んでいます。

お風呂は男女別小浴場、混浴大浴場、女性専用露天風呂があります。
まずは混浴大浴場。本当に大浴場って感じで、とっても広々としていました。
浴室中央に30人以上ゆったりと入れそうな大きな湯船がドカンとあり、無色透明のお湯が並々と張られています。
恐らく、数十年前に完成した時は、話題になって多くの人が利用したであろう風格のある浴室。この時は私以外の利用者がおらず、寂しいまでの静寂に包まれています。
湯口は浴槽内にあるようで、湯面が鏡のようなお湯に体を沈めると、お湯が静かに波打ちました。
湯底が緑に塗られており、適度な暗さも相まって、妙に神秘的な雰囲気を醸し出しています。この絶妙な鄙び風情、大好きですね~!

お湯は芒硝泉で、手持ちの温度は42度で適温です。
ただ、芒硝成分のせいで、肌にビリビリと痺れるような刺激を感じ、矢鱈と熱く感じます。
湯切れが非常に良く、お湯からあがると、熱かったのが嘘のように、体が一瞬でさっと冷えます。
浴室の風情と良い、お湯の鮮度といい、関東でこんなに良い芒硝泉に出会えるなんて、想像すらした事がありませんでした。
出来る事ならば時間を忘れてゆっくりしていたかったなぁ~・・・

続いて男女別の小浴場。こちらも適度に鄙びていて、良い風情を醸し出しています。
完成した時は斬新なデザインであったであろう、幾何学模様な湯船が、不思議な鄙び風情を醸し出す良いスパイスになっています。
ただ、お湯だけで話をした場合、ちょっと温めで、芒硝成分のビリビリも無く、少し物足りなさを感じます。
やっぱオススメは大浴場かな?

すばらしい風情に、素晴らしいお湯。
ここは無性に気に入りました!
芒硝泉が好きな人ならば間違いなく喜んでもらえる一湯です。
是非とも再訪したいと思いました。

2007年2月10日 – 再訪

友人と再訪しました。
チェックイン時間よりも少し早かったせいか、今回も大浴場を貸切でゆったり利用する事が出来ました。
レトロチックな緑の浴室でとても落ち着く事が出来、マッタリとした時間が過ぎていきます。
やっぱココは良いなぁ~・・・
お気に入りの一湯です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました