塩原温泉 栃木県

光雲荘 (門前温泉) ★3.5

光雲荘源泉・町営門前1号源泉の混合泉?
(脱衣所には町営門前1号源泉の成分表のみ掲示)

ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉
(光雲荘源泉) 73.2度 / ph6.8
Na+ = 320.1 / K+ = 45.6 / Ca++ = 87.6 / Mg++ = 31.2
Cl- = 498.2 / SO4– = 39.5 / HCO3- = 516 / HS- = 0.1
H2SiO3 = 310.7 / HBO = 34.9 / CO2 = 319.8 / H2S = 0.2
成分総計 = 2205mg

ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩温泉
(町営門前1号源泉) 73.2度 / ph6.8
Na+ = 247.6 / K+ = 34.4 / Ca++ = 82.5 / Mg++ = 30.5
Cl- = 404.1 / SO4– = 29.4 / HCO3- = 370.1 / HS- = 0.1
H2SiO3 = 244.5 / HBO = 22.7 / CO2 = 232.4
成分総計 = 1700mg

栃木県那須塩原市塩原2340
0287-32-2414
男女別内湯
600円
14:00 – 20:00

塩原温泉街でも一際目を引く「ホテルニュー塩原」のすぐ近くにある旅館です。
ニュー塩原の近くにある為、規模が小さく見えますが、ここはここで結構立派で大きな旅館です。
私が到着した時を同じくして大型の観光バスが横付けされ、中から大勢の年配の方々が出てこられました。
どうやら同窓会か何かが開催されていたみたいです。
彼らよりも一足お先にフロントで湯巡りの支払いを済ませました。あと一歩遅かったら、きっと長い時間待たされる事になっていたでしょう。
広々としたロビーに、大小宴会場がしっかりと揃っている印象で、多くの人が集まる催しにも対応出来そうな感じですね。

さて、お風呂。男女別でそれぞれに内湯と露天があります。
まずは内湯。入って最初にL字形をした大きな浴槽があり、右手奥に数名分の洗い場があります。
お湯は無色透明、見る人によっては僅かにダシ濁りしているかも知れないと言った程度です。
ごく微量に金気臭と潮のような臭いが漂うお湯で、昼過ぎと言う時間帯でまだ利用者が少ないせいか、とても新鮮な印象です。
温泉成分が肌から沁みこんでくるようなシットリ感がある心地よさがあり、まったりと寛ぐことが出来ました。
湯口付近の湯底が赤く変色しており、源泉の素性の良さを物語っているような気がします。
大型観光バスを見た時点で泉質は半分諦めていましたが、良い意味で予想を裏切ってくれました。

続いて露天風呂。岩風呂になっており、かなり広々としています。
スペース全てが浴槽という感じで、落ち着ける場所が無いような印象がします。
お宿のHPによれば、塩原最大級の露天だそうです。その割には、あまり開放感を感じないのですが・・・造りの問題でしょうか。
湯口は岩が組まれており、ザブザブ掛け流されていました。内湯と同じ金気臭が香るお湯です。
ただ、内湯の捨て湯も注がれているため、鮮度に関してはあまり良い状態とは言えません。
外の空気を吸いながら入浴したい方であればオススメですが、私は内湯の方が好きでした。

湯巡り手形を利用すれば、わずか300円で入浴出来る、とてもお得な一湯です。
遅い時間まで受け付けているので、気軽に利用したいですね。

2006-7/9

コメント

タイトルとURLをコピーしました