群馬県 草津温泉

ホテル望雲(草津温泉) ★3.5

酸性-塩化物・硝酸塩温泉
(万代鉱源泉 / 西の河原源泉)

群馬県吾妻郡草津町433-1
入れ替え制 男女別内湯 ・ 露天風呂
0279-88-3251
700円 (和風村湯巡り手形使用した場合)
12:00 – 15:00 ? (詳細不明・要確認)

草津湯畑から西の河原に向かう途中にある「望雲坂」を登った先にある旅館です。
なかなか大きな建物で、狭いスペースに寄り添うように旅館が立ち並ぶ草津のイメージからはちょっと掛け離れています。
しかも、湯畑からは徒歩3分位の所ですので、なんとも贅沢な話ですね。

フロントの人に日帰り入浴を頼むと、とても親切に浴場まで案内してくれました。
大規模ホテルだからでしょうか。何となくマニュアル的で、田舎っぽい暖かさは感じられませんでしたが、都会的な、とても教育が行き届いたような対応で、感じは悪くなかったです。
案内して貰った浴場ですが、「万代乃湯」と「西の湯」があり、それぞれ時間帯で男女の入れ替えを行っているみたいです。
名前の通りで、万代乃湯には万代鉱源泉、西の湯には西の河原源泉が使用されています。
私が利用した時は万代乃湯が男湯になっていました。

流石に規模が大きい旅館だけあります。脱衣所はとても広々としており、休憩所と見間違うかのような、綺麗な造りをしています。
洗面台には櫛や綿棒なんかも置かれており、不自由さはありません。

さて、浴室ですが、脱衣所から出たすぐの所が内湯で、その先に露天風呂があります。
内湯はかなり広々としており、こじんまりしている所が多い草津にしてはとても開放的です。
しかも、たまたまこの時は私以外に入浴客がいなく、貸切状態。
うーん。贅沢の極みと言っても良いかも知れません。

お湯は名前の通りの万代鉱で、透明のお湯が並々と張られ、掛け流されていました。
入ってみると、これがなかなか気持ちいい。ピリっとくる肌触りは、流石、草津一酸性値が強い万代鉱と言った感じです。
ぬめり感があり、入って暫くすると指先がふやけてきます。
42度前後と思われる適温に調整されており、広々とした浴槽を独り占めして、ゆっくり寛ぐ事ができました。

次に露天ですが、内湯の広さに比べると申し訳ない程に狭いです。
岩風呂になっており、雰囲気よくまとめられていますが、旅館が多く立ち並ぶ草津ですので、景観は望めるべくもなく・・・
景色云々ではなく、外の空気を感じながら入る為の浴槽と言った方が良いかも知れません。
お湯はこちらも無色透明の万代鉱です。一瞬、オレンジがかっているように思えましたが、これは浴槽に使われた岩がそういう色をしているからだけの話です。
こちらもピリっとした肌触りの強酸性泉です。内湯、露天のどちらも、硫黄臭はほとんどしません。
私は広々とした内湯が気に入りましたが、冬場なんかは雪見露天になり、なかなか風情良くなりそうな感じですね。

なお、女湯だった西の湯に入ってきたツレ曰く、矢張り広々としていて貸切状態だったそうです。
私たちが出た直後、入れ違えに人が入ってきましたので、常にガラガラと言うわけでもなさそうですが、無料で入れる共同浴場が多い草津ですので、日帰りで利用する人はあまりいないみたいですね。

共同浴場の混んでいて狭い雰囲気が苦手な人にはお勧め出来ると思います。

2005-9/25

コメント

タイトルとURLをコピーしました