小野川温泉 山形県

春木屋 (小野川温泉) ★4.0

含硫黄-ナトリウム・カルシウ ム-塩化物温泉
(協組第4号源泉高見屋源泉) 80.3度 / ph6.9
Na+ = 1412 / K+ = 123.2 / Mg++ = 4.3 / Ca++ = 547.2
Cl- = 3199 / Br- = 8.7 / HS- = 1.7 / SO4- = 78.3
H2SiO3 = 241.7 / HBO2 = 28.7 / CO2 = 24.4 / H2S = 2.5
蒸発残留物 = 5831mg

山形県米沢市小野川町2474-1
0238-32-2711
男女別内湯
500円
8:00 – 21:00

小野川温泉街の一角、中心部から少し外れた所にあるお宿です。
今まで何度と無く目の前を通り過ぎていた筈ですが、あまり意識せず、気が付きませんでした。
今回、「まだ小野川で立ち寄っていない旅館無いかな・・・」と、探していたところ、目についたので、寄ってみたという次第です。

こぢんまりとした旅館が多く立ち並ぶ小野川の中では、中規模クラスと言った感じのお宿です。訪れた時間のせいか、中は静まり返っており、玄関先で呼ぶと女将さんが出てこられました。
立ち寄り入浴をお願いすると快くOK。お風呂場は玄関から少し歩いた所にあります。
暫くの間利用者が居なかった為か、電気が消灯されており、女将さんがつけて下さいました。
お風呂は勿論男女別で、それぞれに内湯があるのみです。

さて、その浴室。お宿の規模からすると、少し小さいような印象も受ける、小ぢんまりした物です。
左手側にタイル張りの湯船があり、右手側に洗い場が並んでいます。
私にとっては、この「小ぢんまり」と言うのは、嬉しいことです。湯量に見合った良い湯船で、何だかほっとします。
湯船の目の前は大きなガラス張りになっていて、緑を眺めながら入る事が出来るので、雰囲気も悪くありません。

お湯は無色透明で、僅かに白湯花が舞う、いかにも小野川と言う印象の物です。
少し熱めで、がつんとした入り応えのある気持ちが良いお湯です。源泉温度が高いので加水して温度調整をしているようですが、あまり薄くなっていると言う印象は受けません。
ほんのり香る甘い硫黄臭を嗅ぎながら、出たり入ったりしていると、至福のひと時を感じる事が出来ます。
紅鮭がここで髪を洗いたいと言うので、長めの湯浴みとなったのですが、お陰でヘロヘロに体力を消耗するまでじっくりとお湯に浸かってしまいました。

小野川は共有源泉ですが、ひとつひとつの旅館に味があって、湯めぐりをしていてとても楽しいです。
ここもここで、とてもよかったです。立ち寄れて良かった一湯でした。

2008-8/24

コメント

タイトルとURLをコピーしました