山形県蔵王温泉

伊藤屋旅館 (蔵王温泉) ★4.0

酸性・含鉄・硫黄-アルミニウ ム-硫酸塩・塩化物温泉
(蛇荒川洞門源泉) 57.7度 / ph1.5
H+ = 31.8 / Na+ = 26.2 / K+ = 16.1 / Mg++ = 26.8
Ca++ = 66.5 / Al+++ = 95.3 / Fe++ = 24.1 / Mn++ = 1.2
F- = 14.7 / Cl- = 448.2 / HSO4- = 1258 / SO4– = 1181
H2SiO3 = 205.1 / H2SO4 = 100.4 / CO2 = 551.1 / H2S = 12.8
成分総計 = 4079mg

山形県山形市蔵王温泉21
023-694-9027
男女別内湯
手形使用
10:00 – 15:00

下湯共同浴場の目の前にある小さなお宿です。
立ち寄りたいといつも思っていたのですが、時間外で諦めたり、玄関先で呼んでもお宿の人が出てこなかったりで、なかなか機会に恵まれませんでした。
今回やっと立ち寄る事が出来た次第です。

お風呂は内湯のみです。どこかのHPで見て勘違いしたのか、てっきり貸し切り風呂がひとつあるだけかと思っていましたが、ちゃんと男女別に分かれています。
お宿の規模相応と言う感じの、とても小さなものです。使い込まれている様子で年季がありますが、個人的にはこう言うの大好き。
湯船のヒノキは使い込まれている様子でかなり鍛えられています。
うっすら青く輝く透明なお湯が張られていました。

湯口には可愛らしい小さな水車がついています。ただ、湯量がチョロチョロで水量が足りないせいか、水車は回っていません。
湯口のお湯を口に含むと、強い酸味と硫黄味がしました。
加水されていない事が分かるとても濃い味で、嬉しくなってしまいますね!

お湯は結構熱くて、44~45度くらいでしょうか。利用者が少ないせいか、鮮度が良く感じます。
湯底には白湯花が沈殿しており、かき混ぜると粉雪のようにぱっと舞いました。
肌触りはいかにも蔵王と言う感じのピリっと刺激的でぬめり感があるものです。
鼻先を刺激する硫黄臭も心地良い!

小さなお宿で湯使いが悪い所は無い!
そんな事を常々思っている私ですが、ここがそれを見事に実証してくれました。
気持ちが良い一湯です!立ち寄れてよかったー!

2007-12/23

コメント

タイトルとURLをコピーしました