山形県蔵王温泉

かわらや旅館 (蔵王温泉) ★4.5

酸性・含鉄・硫黄-アルミニウ ム-硫酸塩-塩化物温泉
(川原屋源泉) 48.1度 / ph1.7
H+ = 22 / Na+ = 49.3 / K+ = 30.6 / Ca++ = 89.8
Al+++ = 172 / Mg+ = 52 / Fe++ = 28 / Mn++ = 3
F- = 23.4 / Cl- = 447 / HSO4- = 1100 / SO4– = 1492
H2SiO3 = 152 / HBO2 = 6.9 / H2SO4 = 60.8 / H3PO4 = 2.9
CO2 = 314.9 / H2S = 10.1
成分総量 = 4060mg

山形県山形市蔵王温泉43
023-694-9007
男女別内湯
300円
10:00 – 15:00

共同浴場「川原の湯」のすぐ隣にある旅館です。
蔵王温泉の湯巡りこけしを使い入浴してきました。
ちなみに、詳細は不明ですが、現金で入浴した場合は300円とか・・・?
湯めぐりこけしは1200円で3箇所しか入れません。つまり、1箇所400円と言う計算になります。
ひょっとして、自分損してる???
ま、構わないですけどねー!(ちょっとだけクヤシイ^^;)

さて、こちらの旅館、内部はとても綺麗で、お洒落な感じがするところです。
日帰りの入浴をお願いすると、女将さんでしょうか、とても快く受け入れて下さり好印象です。
ただ、浴室に入るとビックリ。矢鱈と渋いのです!
内湯のみで、木造の風情ある湯小屋になっており、とても落ち着ける空間になっています。
湯船は一つ。3人程度であればゆったり入れる大きさと言えるでしょう。
青味がかった透明で、僅かながら白湯花が舞うお湯が張られていました。

・・・で、ココのお風呂の最大の特徴。
お湯は強い硫化水素臭がするもので、酸性でシャキっとする肌触りが素晴らしく、とても気持ちが良いものなのですが、実はそんな事ではありません。
なんと、源泉が足元から自噴しているのです!

湯船はスノコ状になっており、そこから絶え間なくお湯が沸きだしています。
つまり、源泉の湯溜まりにザルを置いて入っているような状態です。
これは堪らなく気持ちが良いです。温泉好きであれば、涙して喜ぶべきシチュエーションと言えるでしょう。
素晴らしすぎます!
お湯の鮮度ですが、説明するまでもありません。良いに決まっているじゃないですか!
湯船から出ると、出た人の分だけ一時的に水位が下がります。しかし、気がつかぬうちに再びお湯で満たされ、いつの間にか湯船からあふれ出しているのです。
トドになると、溢れたお湯が背中を流れ去り、無上の一時を味わう事が出来ます。

こんな素晴らしいお風呂、そうそうある筈がありません。
余りにも気持ちよく、お風呂から上がるのがとても辛かったです。

あー、最高~!生きてて良かったぁ~・・・!!!
温泉好きで良かったと心の底から思える一湯です。
ココはもう、必ず立ち寄って頂きたいですね!
こことすぐ隣の川原湯共同浴場をセットでどうぞ!

あ、そう言えば、肝心のお湯についての印象書いて無いや。
ま、色々とあるけど、もう、そんな事どうでも良いくらいに感動したから割愛します。
次回訪問時、興奮が冷めた頭でじっくり入り、それから再度レポートする事にします。
泊まりで利用したいなぁ・・・

2006年6月11日-初訪問時のレポート

2008年12月22日–再訪・宿泊

ウチ、両親、姉夫婦の、6人3世帯で泊まりました。
かわらや旅館に宿泊する事は、かねてからの願いでしたので、ついに夢が叶うと言った気分です!
いやぁ・・・相変わらずこのお湯は素晴らしい!滞在中はお風呂にも何度と無く入り、足元自噴の極上のお湯を存分に堪能しました。

そういえば以前書いていなかったお湯の印象。ぬめり感があってピリっと刺激的な肌触りの、所謂蔵王のお湯です。硫黄臭もちゃんとありますが、同じ蔵王で他の源泉と比べて、そんなに強くはありません。
滞在中何度も入りましたが、肌に馴染むお湯で気持ちが良いです。
蔵王のお湯はあまり体が暖まらないのですが、このかわらや旅館のお湯は、結構暖まります。
何度も入り、体が温まり過ぎたのか、夜中寝汗を掻いてしまいました。

お料理も美味しくて文句無し!お宿の対応も良くて、一同大感激!
このお宿を選択した私の面目躍如です。
是非また泊まりに来ようと心に堅く誓い、お宿を後にしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました