山形県

旅館伊藤屋 (瀬見温泉) ★4.0

ナトリウム・カルシウム-塩化 物・硫酸塩温泉
(町営5号源泉) 67.3度 / ph7.6 / H15.10.31
Na+ = 466 / Mg++ = 0.4 / Ca++ = 173.4 / K+ = 24.4
Cl- = 537.1 / SO4– = 581.2 / HCO3- = 60.4 / Br- = 1.0
H2SiO3 = 95.4 / HBO3 = 47.1 / H2S = 0.2
溶存物質総量 = 1950mg

山形県最上郡最上町瀬見1007
0233-42-2415
男女別内湯
400円
営業時間:要相談(通常は立ち寄り入浴不可)

瀬見温泉の一角にあるお宿、伊藤屋さんです。
以前立ち寄り入浴をお願いした事がありますが、やっていませんと、お断りされてしまいました。
ただ、今回は、とある事情により、特別に立ち寄り入浴をさせて頂くことが出来た次第です。
この場をお借りして、お世話になった方々に感謝!

さて、その伊藤屋さんおお風呂ですが、受付入って、階段を降りた1階にあります。
男女別の内湯がありました。
お風呂はタイル張りの、とてもシンプルな物です。飾り気が無いと言えばそれまでですが、こう言う方がかえって使い勝手良かったりします。
手前側に洗い場があり、奥に結構大きめな湯船がひとつありました。

張られているお湯は無色透明で、僅かに灰色湯花が舞う物です。源泉は瀬見温泉の共有源泉です。肌触りがほんのりツルツル。
微芒硝臭があり、少しビリビリ。他にも潮臭のような温泉臭があります。
ただ、驚いた事に、湯口で臭いを嗅いだところ、弱いものの、しっかりと分かる硫黄臭がするではありませんか!
おや?瀬見で硫黄臭?共有源泉で、このお湯に浸かること自体は初めてじゃないのですが、硫黄臭を感じたのは今まで無かったはず。

湯口から注がれるお湯は、素手で触るには熱い物です。その熱いのを我慢して、少しだけ手で救い、口にやってみると、僅かに硫黄味を感じます。
後でご主人に話を聞くと、源泉温度が高温の為若干の加水で温度調整を行っているが、それ以外は何もお湯を弄っていないのだとか。
瀬見のお湯って、こう言う物だったのですね。思わぬ収穫が出来て、ただ単に「日帰りでは入れない」所に入ったと言う以上の、大きな収穫を得ることが出来ました。

ちなみに、浴後、ご主人と山形蕎麦の話で盛り上がってしまいました。
色々なお話が出来て良かったです!
今度は是非とも泊まりで伺って、もっといろんなお話をしたいですね。
色々な意味で印象に残った一湯でした。

2009-1/2

コメント

タイトルとURLをコピーしました