山形県肘折温泉

斉藤旅館 (肘折温泉) ★4.0

ナトリウム-塩化物・炭酸水素 塩泉
(組合3号源泉) 73.5度 / ph6.7 / H15.10.31
Na+ = 948.4 / Mg++ = 27.7 / Ca++ = 106.7 / Fe++ = 1.6
K+ = 86.1 / Li+ = 2.2 / Cl- = 1178 / SO4– = 229.3
Br- = 1.3 / HCO3- = 753.5 / H2SiO3 = 225.9
HBO3 = 47.2 / CO2 = 252.2
溶存物質総量 = 3612mg

山形県最上郡大蔵村大字南山477
0233-76-2040
男女別内湯
250円

今まで何度か訪れている肘折温泉。とても好きな所で、立ち並ぶ旅館全てのお風呂に入る事が、当面の私の目標です。
とは言え、ここは山形、東京からそうそう簡単に訪れる事が出来る所ではありません。
折角来たのだから、目に付いた旅館に片っ端から入って行こうと思って温泉街をふらふら歩いていていたところ、見つけたのがココ、斉藤旅館さんです。

早速中に入ると、女将さんが出てこられました。立ち寄り入浴をお願いすると、どうぞどうぞとの事です。
この雪の中、下駄を履いてやってきた私の足元を見て、「寒くないですか?」と女将さん。
私が「寒いですのでお風呂入りたいです!」と言うと、笑ってくれました。とても気さくな感じです。
お風呂は内湯のみで、男女別ですが、私と紅鮭を見て、「ご夫婦ですか?貸切でどうぞ」と、薦めて下さいました。

さて、そのお風呂。お宿の規模相応と言った感じの、こぢんまりした物です。
貸切で使わせて頂くには丁度良いくらいの大きさで、シンプルに洗い場スペースと湯船があります。
お湯は共同源泉の組合3号泉。うっすらと土気色に濁っています。
湯船に身を沈めると、洗い場にお湯がさーっと流れます。
色んなお風呂でお湯を溢れさせてきた私ですが、この瞬間は何度味わっても気分が良いです。

お湯はほぼ適温の43度くらいあります。直前に立ち寄った三春屋別館のお湯が温かったので、少し熱めに感じてしまいます。
ほんのり金気臭と土類臭がするのは、三春屋別館とも同じ印象。
ただ、温度が高く、また、湯船も小さいために、鮮度が良く感じます。心なしか、お湯から香る金気臭もフレッシュな気がします。

湯口からは素手でギリギリ触れない程度のお湯が、静かに注がれています。
こんな小さな湯船ですので、当然掛け流し。小さい湯船で鮮度が高いお湯が好きな私にとっては、これ以上嬉しい造りはありません。
贅沢にも貸切させて頂けたので、誰にも気兼ねなく洗い場でトドになれます。
出たり入ったりしながら、じっくり汗を掻き、体の芯から温まる事が出来ました。

2009-1/10

コメント

タイトルとURLをコピーしました