山形県 肘折温泉

勇蔵 (肘折温泉) ★3.5

ナトリウム-塩化物・炭酸水素 塩泉
(組合3号源泉) 73.5度 / ph6.7 / H15.10.31
Na+ = 948.4 / Mg++ = 27.7 / Ca++ = 106.7 / Fe++ = 1.6
K+ = 86.1 / Li+ = 2.2 / Cl- = 1178 / SO4– = 229.3
Br- = 1.3 / HCO3- = 753.5 / H2SiO3 = 225.9
HBO3 = 47.2 / CO2 = 252.2
溶存物質総量 = 3612mg

山形県最上郡大蔵村大字南山480
0233-76-2151
男女別内湯
200円

肘折温泉街の一角にあるお宿、「勇蔵」です。
どうして「勇蔵」なんだろう。ご主人か創業者のお名前でしょうか。ちなみに、肘折温泉には「伝蔵」と言うお宿もあります。
なんとなく気になるものの、とりあえず立ち寄りをお願いしました。入浴料200円との事でしたので、ご主人に支払い、中へ。

お風呂は男女別で、それぞれに内湯があります。ちなみにこの日、肘折温泉で湯巡りをしており、ココが5軒目です。
直前の4軒は全部紅鮭と一緒に貸切で入ることが出来たので、ここももしかしたらと期待しましたが、ちゃんと男女別で案内されました。
ちょっと残念な気がしないでもありませんが、ちょっと考えればそれが当たり前なのですよね。
むしろ、4軒もずっと貸切が続いた事の方が異常な訳で・・・

さて、そのお風呂。タイル張りの浴室で、左手側に湯船、右手側に洗い場があります。
一般的には決して広く無い浴室ですが、肘折のお宿の中では、まあまあ広い部類に入るのでは無いでしょうか。
4~5人同時に利用しても、窮屈な思いはしないでしょう。
お湯はうっすら土色に濁りますが、湯底は見える程度です。

源泉は共有源泉の組合3号泉です。湯船の一角に、何故かアメジストが置かれています。
湯口は浴槽手前側にあり、湯口からは熱めの新湯が注がれており、しっかり掛け流しになっています。
浴槽内の温度は少し温めで、41度くらいでしょうか。ほんのり金気臭が香っています。

鮮度は悪くありませんが、正直、薄い感じがします。どうやら清掃直後で、このお湯は張られたばかりの物のようです。
源泉温度が高い組合3号泉ですので、多分源泉だけでなく、同時に加水もしていたと思われ、そのせいで薄く感じたのかも知れません。

ただ、これはこれで、悪くはありません。5箇所目と言う事で、薄いくらいのお湯がとても優しく感じ、気持ちが良いです。
この日の湯巡りは、ココを最後に、後は宿泊先の亀屋さんに戻るだけのつもりでおりましたので、ゆっくりと湯浴みを楽しみました。

2009-1/10

コメント

タイトルとURLをコピーしました