宮城県鳴子温泉

鳴子パールホテル (鳴子温泉) ★3.5

ナトリウム-炭酸水素塩・塩化 物泉
(二見の湯) 89度 / ph7.1 / S54.2.10
Na+ = 320.1 / K+ = 39 / Mg++ = 11 / Ca++ = 38.5
Fe++ = 2.9 / Cl- = 167.1 / SO4– = 170 / HCO3- = 601
HS- = 0.4 / H2SiO3 = 183.3 / HBO3 = 24.3 / CO2 = 26.2
H2S = 0.4 / 蒸発残留物 = 1584mg

宮城県大崎市鳴子温泉字車湯56-4
0229-83-2112
男女別内湯
700円 (湯巡り手形シール3枚)
9:00 – 17:00

鳴子御殿湯の駅から離れた所にあるホテルです。鄙びた旅館が多い印象がある鳴子で、珍しく背の高いホテルですが、立ち寄りも積極的に受け入れているようです。
ちなみに、車をホテルの裏手にある駐車場に停めたのですが、その駐車場すぐ脇に源泉が沸いていました。
かなり強めのアブラ臭が漂っており、これはちょっと期待出来そうです。

さて、お風呂。エレベータに乗って8階の場所にありました。
内湯のみで、勿論男女別です。よくあるホテルの大浴場って感じの造りで、風情はソコソコ、使い勝手が良さそうな印象でした。
浴室入って、最初に気が付いたのが、臭いです。なんと、湯気で蒸す室内にアブラ臭が充満しているではありませんか!
早速お湯に浸かってみると・・・ツルツルしてなかなか気持ちがいいです。
ホテルの、それも8階なんて高所にあるお風呂、たいていの場合ロクでもないのを想像しますが、なかなか良いお湯でビックリです。
ただ、お湯そのものからはあまりアブラ臭を感じません。湯口に鼻先を突っ込んで嗅いで見るとかすかに気が付く程度。
室内に充満している臭いは一体どこから来たんだ・・・!?
源泉温度が高いからなのでしょうか、どうも加水されている様子で、駐車場脇にあった源泉からは想像出来ないほどに弱くなってしまっています。
ん~・・・決して悪い訳ではないんですけどね。

観察すればするほど、少しずつ落胆していく、少し珍しい一湯でした。
良泉の宝庫、激戦区鳴子にあるお湯としては、少しインパクトに欠けるものがあります。
ココが鳴子以外の場所にあったのなら・・・もう少し評価が変わっていた事でしょうね。

2007-1/2

コメント

タイトルとURLをコピーしました