青森県

飯塚客舎 (温湯温泉) ★4.0

最終入湯日 : 2007-11/11

弱食塩泉
(温湯長漕源泉) 60度 / S50.12.3
Na+ = 382.7 / K+ = 2.931 / Ca++ = 24.79 / Cl- = 404
SO4– = 223.3 / H2SiO3 = 61.06 / HBO = 16.2

熊本県阿蘇郡南小国町大字満願寺
男女別内湯
300円

以前共同浴場だけ利用した事がある温湯温泉に来ました。
目的は、山賊の湯口を持つという、山賊館に立ち寄ること!

さて、その山賊館を目指して歩く私。以前一度来ていますので、どこだかすぐに分かります。
ああ、あったあった、あそこだと、歩く先に山賊館の緑色の看板を発見。
しかし、お目当ての山賊館ではなく、その手前、位置的にはすぐ隣に位置している飯塚客舎と言うお宿がとても気になります。
なんとも美しい木造の建物でして・・・
凄く気になる!気になる!気になる!!!
・・・って事で、気が付いたら山賊館では無く、飯塚客舎の玄関をくぐっていました。

内部もなかなか良い雰囲気です。
ただ、外装から期待するほどの趣は無いかな?でも落ち着ける感じである事には間違い無く、個人的には好きです。
お風呂は廊下をちょっと歩いた先にありました。

一言で言って、すばらしー!
木造のこぢんまりとした湯船がひとつあるだけのシンプル設計。
なんだか共同浴場チックではありますが、でも、これがなんか良い感じなのです。
特筆すべきは、お湯の良さ!
浴室全体にふんわり硫黄臭が充満しています。
お湯に浸かると、硫黄臭がいっそう強くなります。ところどころ白湯花も確認する事が出来ます。

湯口はホースになっており、浴槽内に沈んでいました。持ち上げて見ると、素手で触るにはギリギリ程度に熱いお湯がドボドボと注がれており、強い焦げ硫黄臭を放っています。
温湯温泉の共同浴場には一度入っていますが・・・こんな良いお湯ではありませんでした。
まさかここまで気持ちが良いお湯だったとは、想像すらしておらず、驚きです!

肌触りも気持ちが良く、お湯がシットリと肌にまとわり付くような感じがします。
浴槽内の温度はちょっと高めで、44度くらいでしょうか。長湯には向かないのですが、何故か、一度お湯に浸かると、暫く出たくなくなってしまうような魅力があります。
汗だくになりつつも、肩までどっぷりと浸かって暫くの間まどろんでしまいました。

外観の魅力に引き寄せられ、思わず入ってしまったわけですが、見た目だけでなく、中身もとっても素晴らしかったー!
温湯温泉の事が大好きになってしまいそうな、気持ちが良い一湯でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました