浅虫温泉青森県

民宿 つるの湯 (浅虫温泉) ★4.0

最終入湯日 : 2007-11/10

ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物温泉
(浅虫温泉配湯泉(混合))
59.8度 / ph8.41 / H17.3.8 / 動力 /
Na+ = 170.2 / K+ = 4.6 / Ca++ = 136.9 / Mg++ = 1.1
Cl- = 145.6 / SO4– = 475 / HCO3- = 14.6 / CO3– = 8.1
H2SiO3 = 68.4 / HBO2 = 1.4 / 成分総計 = 1027mg

青森県青森市大字浅虫字蛍谷219
017-752-3053
男女別内湯
350円
7:00 – 21:00

浅虫温泉街の一角にある、アットホームな感じの民宿です。
源泉集湯タンクのすぐそばにあり、すぐ目の前に足湯もあります。
引湯距離が短いと言う事は、きっとお湯の鮮度も良いに違いない!
って事で、立ち寄り出来るか交渉してみました。

中から出てきた女将さん、どうぞどうぞと気さくな感じでOKをして下さいました。
ただ、お湯を張っている最中だそうで、ちょっと熱いですよとの事。
「いえいえ、熱いお湯は大好きです!」と、友人と私。
女将さんは「熱ければ水で薄めて入ってくださいね」との事です。
そんな、水で薄めるなんてトンデモナイ。熱いお湯は得意だよって事で、水で薄める気なんか更々無い2人。
喜び勇んでお風呂へ。男女別で、内湯のみになっていました。

浴室は結構広々しています。民宿と言うイ メージからもっと狭い物をイメージしていましたが、風情はなかなかです。
入って左手側に湯船があり、4~5人でもゆったりと入る事が出来る、大きなもの。女将さんが仰るとおりに、お湯を張っている最中で、まだ全体の7割くらいしか貯まっていません。
当然一番風呂。さぁ、喜び勇んで、いざ入浴・・・ と、思いきや、掛け湯の段階で飛び上がる。
熱い! 52度くらいかな? 掛け湯するのも精一杯で、入る事が出来ません。
しかし、良い臭い。掛け湯だけでも分かる、芒硝泉特有のビリビリする感触と、湯気と共に香る芒硝臭。鮮度抜群の素晴らしい臭いがします。
このお湯、肩までどっぷり浸かる事が出来たら、最高だろうなぁ~!

それにしても、52度は幾らなんでも熱過ぎ です。加水しなければとてもではありませんが入る事が出来ない熱湯。
女将さんも加水して良いよと仰ってくれていたのを思い出します。
しかし、この素晴らしい芒硝の香りと、宿泊者のために今からお湯を張って冷めるまで待つと言う、あんず旅館でも体験した素晴らしい姿勢。
せっかくお湯を作っている最中なのに、立ち寄りの私たちが水を加えて、鮮度抜群を堪能すべき宿泊者の楽しみを台無しにしては申し訳ないと、加水への罪悪感も沸いてきます。
(そんな事気にしない方がお泊りかも知れませんケド・・・^^;)

と、言うことで、結局掛け湯だけでお湯を満喫する事にしました。
お湯を被る → 熱い! → でも幸せ・・・
という、ちょっと変わった入浴法。
でも、掛け湯する度に立ち上る湯気の香りが実に芳しく、クセになってしまいそうです。
なんだかんだ結構な時間を浴室内で費やしてしまい、掛け湯だけだったのに、普通にお湯に浸かった時以上にポカポカな状態でお風呂から上がりました。

肩までお湯に浸かる事が出来なかったのはちょっと残念だけど、その代償として、通常では
味わうことの出来ない素晴らしい芒硝臭に出会えて、ある意味ではラッキー?な一湯でした。
今度はちゃんと適温に冷まされている状態で入浴してみたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました