青森県

森田温泉旅館 (森田温泉) ★4.5

最終入湯日:2006-5/4

含重曹弱食塩泉
(森田温泉?) 41度 / ph6.6 / 75L
Na+ = 1680 / K+ = 125 / Mg++ = 28.99 / Ca++ = 48.16
Cl- = 1819.28 / HCO3- = 1813.53 / H2SiO3 = 198.17
CO2 = 431.51 / 成分総量 = 6165.26mg

青森県弘前市大字桜ケ丘4丁目2-3
0172-88-0500
男女別内湯
350円
11:00 – 22:00

温泉チャンピオン郡司勇さんの著書でも紹介されている施設で、前々から入りたいと思い続けていた所です。
2日前に訪れた「つがる地球村」から程近くにあります。
ちなみに、つがる地球村入浴後、この森田温泉の前を通ったのですが、その日は私独りで湯巡りしており、ココは是非紅鮭にも入って欲しかったので、泣く泣く通過しました。
2日後の今日、やっと入浴出来る事に。

一応旅館との事ですが、何だか民家みたいな造りをした施設です。
また、宿泊客では無く、銭湯感覚で利用している方が多く、「ココは一体何屋さん?」って気分になります。青森にはこう言う温泉が多いような気がしますが、気のせいかな?

さて、お風呂ですが、小さな内湯があるのみで、とてもシンプルな造りです。
僅かに紅茶色をした透明なお湯で、温めのものが湯船にドバドバ掛け流されていました。
お湯からはモール臭と、僅かに鉄臭がします。肌触りがツルツルするとても気持ちが良いもので、新鮮なせいか、入ってすぐに体中がアワアワになりました。
温いので、思わずじっくり入ってしまったのですが、気が付いたら結構疲れていました。体の芯からポカポカと温まりとても良いお湯です。
湯口のお湯を口に含んでみたところ、僅かな塩味と鉄味を感じるものです。
とても優しい印象のお湯で、毎日でも利用したくなってしまいますね。

面白いのが、洗い場のカランです。
3人分並んでおり、蛇口をひねとお湯が出てくるのですが、真ん中の蛇口が壊れており、お湯がずっと流しっぱなしになっていました。
締まらないのかと思って蛇口をいじって見た所、蛇口が締められるのを拒否するがごとく、プルプルと震えて小躍りするのです。
何とも可愛らしく、暫くの間遊んでしまいました。

使われないまま流しっぱなしのお湯が勿体無い気もしますが、湯量が豊富と言う事なんでしょうね。素晴らしいです。
なお、同じものは女湯にもあったそうで・・・
あえてお湯を流しっぱなしにしているのでしょうか・・・?

湯上りはサッパリとした清涼感があり、肌がスベスベしてとても良い感じです。
郡司さんの本に紹介されるだけあって、実に素晴らしい一湯でした。
ここに来れて大満足。日常的にこの素晴らしいお湯を堪能出来る地元の方々が羨ましくて仕方がありません。
近くへ夜機会があれば、何度でも再訪したいと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました