山形県

みいずみ温泉 吉乃ゆ (三泉温泉) ★4.0

ナトリウム-塩化物温泉
(源泉名:奥山源泉) 38.6度 / ph7.0 / H28.1.8
Na+ = 742.1 / K+ = 20 / Ca+ = 169 / Mg+ = 40.3 / Mn+ = 2.0
Al+ = 0.2 / Fe+ = 2.6
Cl- = 1499 / HCO3- = 250.1 / Br- = 0.9 / I- = 0.1
SO4- = 4.0 / HPO4- = 0.6
H2SiO3 = 93.7 / HBO2 = 3.2 / CO2 = 44
蒸発残留物 = 3236mg

山形県寒河江市下河原153−2
0237-85-1300
男女別内湯・露天風呂
大人400円、子供250円
10:00 ~ 22:00 (日曜日は20時まで)
第三火曜日定休

気の置けない温泉仲間と一緒に、羽根沢温泉の松葉荘さんで2022年の忘年会を開いた翌日。
私を含めて遠方から来ている人も多く、早い時間からひとりまたひとりと別れ、帰路につきます。

以前であれば、オフで会った最終日であっても、飛行機などの時間ギリギリまで温泉めぐりしていたんですけどね。
私も夜の9時過ぎまで仙台辺りをウロウロとして、日付が変わってから帰宅し、翌朝は普通に出勤などが当たり前でした。
今ではそんな湯めぐりがとても懐かしく思えます。
年齢を重ね、体力的にキツくなったと言うのはありますが、それ以上に影響が大きいのは6歳と9歳になる子供達の存在です。親の趣味のためにそんな遅い時間まで付き合わせる訳にはいきませんからね。

.

でも、折角山形に来たのだから、そのまま真っ直ぐ家に帰るなんて事は当然しません。
参加した温泉仲間の顔色をうかがい、「このあとどうしますかぁ~?」なんて具合に様子を探っていたら、みいずみ温泉と言う所に行こうとなりました。
どんな所かサッパリ分かりませんけど、入った事の無い所ですので、興味があります。
とりあえずついて行く事にしました!

.

どこだか分からないのでナビ入力して走ったのですが、気付いたら寒河江まで南下していました。羽根沢温泉からだと、車でおよそ1時間ちょっとの場所です。
どのみち南下する必要があった我が家にとっては好都合ですが、思っていたより遠かった・・・

県道沿いに一応看板はありますけど、気にせず走っていたらまず見落とします。
手前にスイミングクラブがあって、その奥にあるんですよね。
ナビの指示通りに走ったので、迷う事はありませんでしたが、ほとんど目立たない場所にありました。

目立たない場所にある割にはと言っては失礼ですけど、館内はとても綺麗です。
いや、ただ普通に綺麗と言うのは間違いですね。オシャレと言った方が正しいです。
受付から入って最初に目に飛び込んでくるのは、ガラス張りの中庭。お陰で採光が良くて、館内がとても広々と感じます。
BGMは何故かジャズが流れていて、壁面に飾られているのは、ジャズのLPジャケットでしょうか?
どんな空間であってもオシャンティーにしてしまう、チートアイテムですね。
清潔感溢れる空間にこんなのあって、BGMでジャズ流すなんて、反則ですよ!

.

浴室はいまさら当然のことながら、男女別です。
それぞれに内湯と露天風呂があります。

まずは内湯。
手前に洗い場数人分、奥に長方形の湯舟が一つあるシンプルな造りです。

エントランスの印象が綺麗すぎたので、お湯にはあまり期待していませんでしたが、良い意味で裏切られました。
薄緑が買った土気色濁りしたお湯がかけ流しにされています。
お湯からはハッキリとわかる金気臭と、僅かに潮臭。
源泉温度が僅かに低いので、恐らく加温はされていると思いますが、温度はぬるめの40度。
長く浸かっていても疲れにくいけど、気持ちが良いからといって調子に乗って入り続けていると、気付いたらヘロヘロに疲れている、良い意味でのヤバい温度です。

湯舟に浸かりながら、ふと思い出したのは、前回山形に訪れた際に立ち寄った大野目温泉のお湯です。でも、こっちの方が金気臭や浴感などが濃い印象。逆に、大野目温泉にはある芒硝っぽさがなく、シットリした肌触りって印象です。
引き合いに出しておいてなんですけど、まぁ、全然別のお湯ですね・・・
どちらも良いお湯である事には違いありません!

.

露天風呂もあり、こちらにも同じ源泉のお湯が張られていました。
露天41度くらいでしょうか、適温です。
内湯が少し湯気蒸していたのと、少し温かった事もあって、私はこちらの方が好みですね。

お湯はもちろんかけ流し。前述の通り、源泉温度が38度と僅かながらに低いので、加温はされているものと思われます。
でも、温度の差がそう感じさせるのか、鮮度は露天の方が良く感じます。
濁り方も少なくて、湯底が辛うじて見える程度の濁りでした。

湯口のお湯を口に含むと、ほんのり塩味と、ダシのような金気味。
決して美味しいとは言いませんけど、このお湯をベースに汁物とか作れそうな味です。

いやぁ、ここは気持ちが良い!
すっかり気に入ってしまいました!

.

なんでこんなに良い温泉、今まで入った事無かったのだろう!?
そう思って、帰宅してから調べてみたら、2017年の7月にオープンした、比較的新しい施設のようです。
一昔前の私であれば、山形なんて近場の部類で、しょっちゅう来ていたんですけどね。
生活環境が変わった後に出来た施設だったので、今までノーチェックだったみたいです。

最近では特に、廃業する温泉ばかりが目立ってしまいますが、開業する所だってちゃんとあるんですよね。
これから歴史を刻んでいく新しい温泉、素直な気持ちとして、頑張って欲しいと応援しております!
素晴らしい一湯でした。

.

2022年 12月4日 - 初訪問・日帰り入浴

コメント

タイトルとURLをコピーしました