新潟県

ホテル明日香 (栃尾温泉) ★3.0

本鉱水は温泉法第2条に規定する「メタケイ酸」の項により温泉に該当する。
(源泉名:とちおの湯) 15.8度 / ph8.3 / 動力揚湯 / 毎分585L / H14.8.23
Na+ = 84.6 / K+ = 14.1 / Mg++ = 0.6 / Ca++ = 2.9
Al+ = 0.04 / Mn+ = 0.04 / Fe+ = 0.1
F- = 0.3 / Cl- = 16.4 / SO4- = 13.9 / HCO3- = 193.4 / CO3- = 8.6
H2SiO3 = 60.1 / HBO2 = 0.7 / CO2 = 1.5
成分総計 = 397.3mg

新潟県長岡市小貫向山756
0258-52-1715
部屋付き内湯×1
4000円 ~
日帰り入浴、と言うか、休憩可です

私の個人的な話ですが、新潟県見附市の農家さん達とお付き合いがあり、毎年2~3回はお邪魔しています。
この日も農家さんの所にお邪魔して、見附祭りで花火などを鑑賞した後、家路に・・・ つかず、前から気になっていたホテルに向かいました。
それがここ、ホテル明日香さん、所謂ラブホです。
私が懇意にしている見附市の農家さんの所からすぐ近くですが、住所的には見附市を過ぎて長岡市にあります。
以前から何度となく目の前を通り過ぎているのですが、「温泉噴出 若返りの湯」なる看板が出ているので、温泉好きとしては気になる存在でした。
このまま東京に戻っても帰りが遅くなるので、思い切って利用してみる事にしました。

造りはメゾネット形式とでも言うのかな?
車を停めてそのまま個別にある玄関から建物に入るスタイルです。
建物は正直、かなり草臥れた感じです。
ラブホにお洒落さなんかを期待する人には全くもってお勧めしません。

で、一番の関心事は、本当に温泉なの? と言う事ですが、部屋の一角に見慣れた成分表がありました。ほっと一安心!
泉温は15.8度ですので厳密に言うと温泉ではなく冷鉱泉です。メタケイ酸の数値で温泉法上の温泉に該当するみたいですね。

.

肝心のお風呂は、まるで家庭用のお風呂といった感じの、ちょっと手狭で素っ気ないものです。
このお風呂でイチャイチャラブラブ・・・って、ちょっと無理があるかもなぁ~・・・?

ただ、そこはそれ、やっぱりラブホですので、浴槽内をイルミネーションさせる事が出来ます。
う~ん、まぁ、これはこれで良いのかなぁ・・・?

肝心のお湯ですが、温泉なのだろうとは思います。
でも、正直なところ、温泉っぽい特徴はほとんど感じません。
お湯そのものからは塩素臭がしないのですが、浴室内全体に充満する消毒臭のせいで、何となく落ち着きません。
まぁ、こういうホテルですので、念入りに消毒しておいてくれるのは有難いので、それ自体は良い事なんですけどね~

とはいえ、まぁ、温泉だと思って入っていると、結構気持ちが良いお湯です。
折角の機会なので、じっくりと堪能させて頂きました。

.

↓ ちなみに私が訪れた際の料金はこんな感じです。

.

まぁ、温泉だけを目的に行っても、あまり面白い所ではないかも知れません。
でも、温泉じゃない目的で行ったら、きっととても幸せになれる所だと思いますので、本来の目的に合わせて利用するのが正しいと思われます。

.

追記 : 本レポートを作成するにあたり、ホテル明日香の事をネットで調べていたら、オーナーチェンジしたのかな??? 猫をレンタルして猫と戯れる事の出来るラブホに生まれ変わっていました。
猫好きには嬉しいかも!?
もちろん、温泉もそのまま健在のようですので、猫好き&温泉好きで一戦交えたいカポーにはお薦めです。

.

2017年 7月22日 ー 初訪問・宿泊

コメント

タイトルとURLをコピーしました