安楽・妙見温泉鹿児島県

田島本館 (妙見温泉) ★4.5

炭酸水素塩泉

鹿児島県霧島市牧園町宿窪田4236
0995-77-2205
8:30 ~ 21:00
男女別内湯(神経痛湯)・男女別半露天(キズ湯&胃腸湯)
大人:250円、子供:100円
(神経痛湯かキズ湯&胃腸湯のどちらか片方のみ。両方入る場合は大人500円)

きりしまゆ旅を利用した湯めぐり7箇所目はこちら、妙見温泉の田島本館さんです。
この日は私+紅鮭+1歳の娘+紅鮭の妹の4人で湯めぐりをしていました。
このとき、1歳の娘がぐっすり寝てしまったので、紅鮭妹が車に残り、娘を面倒見てくれるとの事です。何とも有難い話です!持つべきものは、温泉マニアの気持ちを分かってくれる親族ですね!!!

さて、そんなで立ち寄る事になった田島本館さん。
とても歴史のある温泉旅館で、最近ではお洒落で高級な旅館もちらほらと出来てきた妙見温泉ですが、開湯の温泉宿らしいです。
田島本館さんは、新しい事にも挑戦しつつ、何だかどこか垢抜けなくて素朴さを残すお宿と言う感じでした。個人的にこういうお宿、大好きです!!!


立ち寄り入浴も積極的に受付けて下さっております。
お風呂は2箇所あり、「神経痛湯」と「キズ湯&胃腸湯」のどちらかを選ぶことが出来ます。
勿論両方入る事も出来ますが、その場合は2箇所分支払う必要があります。
初見の私は、とりあえず「キズ湯&胃腸湯」の方を選びました。

.

キズ湯&胃腸湯のお風呂は、受付から階下に進み、駐車場の一角みたいな場所に入口があります。

手狭な脱衣所で服を脱ぎ、お風呂に入ると・・・
目の前に飛び込んできたのは2槽に分かれた湯舟です。
手前が胃腸湯、奥がきず湯となっていました。

それにしてもこの浴室、半露天のような造りをしていて、なんとも開放的です!
目の前には天降川を見下ろす事の出来ます。なんと言うか、奥会津にありそうな雰囲気!
先客がいたので全景を撮る事が出来なかったのが悔やまれます。

まずは手前の胃腸湯の方に入ってみました。
湯口から気泡を伴う新湯がドバドバと注がれる、鮮度が物凄く良い良泉です!

お湯に浸かって暫くすると、体中に気泡が付きます。
金気臭と土類系の炭酸臭がするお湯で、およよ40度くらいで、少し温め。
僅かに笹濁って見えますが、疲れ知らずで入る事が出来ます。

続いて入ったのは、胃腸湯のすぐ隣にあるきず湯です。
こちらの温度は少しだけ高め。とは言っても、43度ほどの適温です。

胃腸湯と同じで、金気臭と土類系炭酸臭のするお湯です。泉質的にはどちらも炭酸水素塩泉です。
ただ、こちらの方が金気臭と土類臭が強いので、お湯自体は濃く感じます。その代わりにですが、炭酸臭は少し薄く感じました。
湯舟の中には茶褐色の湯花が大量に舞っていました。

甲乙つけ難いお湯ですが、個人的には、炭酸の特徴が強い胃腸湯の方ですかね?
でも、どちらも素晴らしいお湯でした!

.

ちなみに、一番奥には打たせ湯もあります。
ぶっちゃけ、私は全身浴にしか興味が無いので、軽く浴びてスルーしましたけど・・・

常時打たせ湯のお湯が流れているあたり、湯量の豊富さが分かります。

.

いやぁ、まったくノーマークでしたけど、素晴らしいの一言に尽きるお湯でした!!!
今回は紅鮭妹と爆睡中の娘を車で待たせていたという事もあり、神経痛湯の方は入らずに帰ってきてしまいましたけど、いつの日かちゃんと入ってみたいと思いました。

妙見&安楽にはまだまだ入った事の無い温泉が幾つかありますので、ここ田島本館さんに泊まってゆっくりと制覇してみるのも良いかも知れませんね!

ここは必ず再訪したいと思います。
数多くある霧島の名湯の中でも、特に色濃く印象に残った一湯でした!

.

2014年 12月29日 ー 初訪問・日帰り入浴

コメント

タイトルとURLをコピーしました