鹿児島県

もんじょの湯(入来中央温泉) ★4.0

塩化物温泉
59度 / ph8.0 / H5.8.9
Na+ = 368.3 / K+ = 7 / Mg++ = 0.8 / Ca++ = 6.5
NH4+ 0.9 / Mg++ = 0.8 / Fe++ = 0.4
Cl- = 360.6 / F- = 2.7 / SO4– = 32 / Br- = 1.2
HCO3- = 302.9 / CO3- = 2.3 / H2SiO3 = 117.7
HBO2 = 12.6 / CO2 = 5.1 / 成分総計 = 1221mg

鹿児島県薩摩川内市入来町浦之名7683
0996-44-5255
男女別内湯
200円
6:30 – 23:00

入来町にある温泉銭湯です。湯めぐりをするにあたり、色々と調べていたら、入浴代が200円と安いので目にとまりました。
ちょうど入来には湯めぐりで来る予定でしたので、ついでと言う事で立ち寄ってみる事にしました。

そのもんじょの湯。辿りついてみると、結構立派です。駐車場の脇には家族湯がありました。鹿児島の家族湯って、一昔前のカラオケボックスのような造りをしていて、ちょっと面白いです。

さて、そのお風呂。家族湯では無く、通常の浴場を利用。男女別に分かれて内湯のみです。
浴室に入って、最初に驚いたのが、その床です。なんと、畳が敷かれているではありませんか。高級なお宿で畳張りと言うのはたまに見かけますが、温泉銭湯で畳張りは初めて見ました。
こぢんまりした浴室ですが、上がり湯湯船、通常湯船と、水風呂、洗い場があり、それぞれが使い勝手良く配置されています。

お湯は無色透明で、ごく微量ですが、鉱物臭がします。柔らかい肌ざわりで、ツルツル感も少しあります。

湯口からざぶざぶとお湯が注がれており、注がれた分だけのお湯が湯船から溢れていました。
お湯は45度で結構く、鮮度が良いです。気持ちが良いので、つい長湯をしてしまいますが、水風呂のお陰で、火照った体を冷ます事が出来ます。
この水風呂にはとても助かります。通常湯船と水風呂を行ったり来たり、たまに畳の上で休んだりして、良いお湯を存分に楽しむ事が出来ました。

浴後、受付のおばちゃんに、「あの群馬ナンバーで来たの!?」と声を掛けられました。いや、練馬ナンバーなのですが・・・
間違われやすいとは思いましたが、実際間違われたのは初めてです。
浴後の休憩を兼ねて、おばちゃんと15分くらい話し込んでしまいました。
なんでも、畳風呂は5年ほど前から始めたそうで、月に1度は干すなど、メンテナンスも大変なのだとか。
でも、全国探して、畳が敷かれている公衆浴場は他に知らないです。あってもとても珍しいものですので、是非頑張って下さいと声を掛け、その場を後にしました。

気持ち良いお湯と、畳風呂。是非立ち寄ってみて欲しい、素敵な一湯でした。

2009-5/2

コメント

タイトルとURLをコピーしました