島根県

志学薬師 鶴の湯 (三瓶温泉) ★4.5

ナトリウム-塩化物温泉
(三瓶温泉) 37.5度 / H15.6.19
Na+ = 495 / K+ = 53 / Ca++ = 113 / Mg++ = 42.7
Sr++ = 2.31 / Fe++ = 5.6 / Mn++ = 1.5
Cl- = 873 / Br- = 3.43 / HCO3- = 318 / SO4– = 9.63
I- = 0.3 / H2SiO3 = 215 / HBO2 = 20.5 / CO2 = 289
成分総計 = 2440mg

島根県太田市三瓶町志学
0854-83-3311
男女別内湯
300円
12:00 – 20:00

三瓶温泉にある共同浴場です。さんべ荘へ向かう途中にあり、手前に案内板も出ているので、比較的簡単にたどり着くことが出来ました。
小さな共同浴場ですが、駐車場が数台分あり、使い勝手は良い感じです。
ちなみに裏手は温泉神社になっていました。入る前にとりあえずお参り。ちなみに、志学とあるので、「学問か何かと縁があるのかな?」と思いましたが、どうやらこのあたりの地名が志学だからのようです。

中に入ると、受付にはおばあちゃんがいました。「お願いします」と言うと、「どうぞどうぞ」とご案内してくださいます。
お風呂はもちろん男女別で、どちらにも内湯のみです。
さて、その浴室。入っていきなり驚きました。何って、洗い場にお湯がとんでもない勢いで掛け流されています。一瞬、配管が故障しているのかと思いました。ザバザバと、ただ、打ち棄てられています。

そのお湯を触ってみると、35度くらいでしょうか。少しぬるいです。湯船にはそれとは別にちゃんと湯口があります。どうやら、源泉温度が少し温いので、湯船にには加温されたお湯を注ぎ、余ったお湯を棄てているようです。
湯量が豊富過ぎる為に、棄てる量も半端が無いと言う事のようですね。

湯船の温度は、40度を少し下回る、とても温いものです。棄てられているお湯ほどの投入量はありませんが、気持ちが良い掛け流しです。
うっすらと緑がかった黄土色に濁っており、金気臭と炭酸臭が香ります。
加温している為もあり、ザバザバと棄てられているお湯に比べると鮮度は劣ります。まぁ、当然と言えば当然。

肌触りは少しペタペタします。湯底には湯花が溜まり、足の裏が黄色くなります。
温いお湯なので、長時間入っている事が出来ます。お湯に体を預けて、思わずウトウトしてしまいました。洗い場にザバザバ流れるお湯の音は、まるで滝のよう。うるさいと言う感じは一切せず、逆に癒されるのです。
気がついたら30分以上お湯の中でうつらうつらしてしまいました。ハッと気がつき、壁越しの紅鮭に「出るよ~!」と言って出た訳ですが、紅鮭もどうやら寝ていたようですね。

三瓶温泉、当初はこの日のうちに行きたい所すべて入ってしまう予定でしたが、思わずゆっくりしてしまった事や、もう一度来たいと言う思いが強くなり、一度に全部入ってしまっては勿体無いと、この日は2箇所だけで切り上げる事にしました。
夏の暑い時期に入れば、さぞかし気持ちが良いだろうなぁと思った、素晴らしい一湯でした。

2008-10/12

コメント

タイトルとURLをコピーしました