岡山県

大釣温泉 (大釣温泉) ★3.0

アルカリ性単純温泉
(大釣荘温泉) 37.1度 / H14.3.29
Na+ = 30 / Ca++ = 2.2 / Cl- = 6.4 / F- = 1.1
SO4– = 11.1 / HCO3- = 51.9 / CO3- = 1.8
H2SiO3 = 50.1

岡山県苫田郡鏡野町奥津川西16-2
0868-52-0700
男女別内湯
500円
10:00 – 18:00

不思議な共同浴場洗濯湯、足元自噴の奥津荘と東和楼、大量掛け流しの河鹿園、そして風情が素晴らしい般若寺温泉。
奥津温泉郷はどれも、素晴らしい魅力で満ち溢れた、印象に残る施設ばかりです。その中で最後に訪れたのはここ、大釣温泉です。般若寺温泉から程近くにある、ドライブインのような施設です。

駐車場に車を停めて、まず最初に気が付いたのが、天日干しにされている大量の唐辛子です。どうやらNPO法人か何かが運営しているようです。
それにしてもなんでこんな所で干されているのか・・・?施設の中に入ってその理由が分かりました。温泉ばかりに夢中だったので、知りませんでしたが、奥津唐辛子と言うのがこの地域の特産品なのだそうです。お土産の扱
う売店コーナーにも唐辛子製品で溢れています。何だか面白いので、とりあえず唐辛子ドレッシングと言うのを買ってみました。私は辛いものが大好きなのです。

で、肝心のお風呂。入浴料は一人500円です。奥津温泉の湯めぐり手形を購入していた私は、手形を受付で渡します。この手形、1300円で3箇所入る事が出来ます。
例えば奥津荘などは通常だと1000円もかかるので、手形だと半額以下に収まってしまい、大変得です。大釣温泉は元値が500円だから割引率は低いなぁ。
そんな事を考えていたところ、受付の方、「手形は1枚で良いですよ」と仰る。なんと、大釣温泉では手形1枚で2名利用できるそうです。
他の旅館が1000円と高いため、釣り合うように調整しているのでしょう。とってもお得です。
ただ、この後奥津で湯めぐりをする予定の無かった私達は、シールが1枚余ってしまったのですけどね。
いつ岡山に再訪出来るかはサッパリ分かりませんが、有効期限は無いそうで、記念にとっておきたいと思いますが・・・

さて、お風呂ですが、受付から階下に降りた所にあります。ただ、崖地に建っているので、地下と言う訳ではなく、窓もあれば光も差し込んでいます。
お風呂は男女別で内湯のみです。施設の規模はそこそこ大きいですが、お風呂自体は、なんだか共同浴場のようにシンプルな物です。
さて、その浴室。入って右手側に湯船、左手側に洗い場がありました。先客のおじさん2人がゆったりと寛いでいます。そんな中、お邪魔しますと言う具合で、中へ。

で、その感触。

・・・こ、これはっ!?

まさか予想にもしていなかった臭い、そう、塩素臭がするのです。しかも、浴槽内のお湯は循環されており、お湯の特徴は残っていません。ただ暖かいだけのお湯です。
奥津のお湯は単純泉ですが、今まで印象がとても良かったのも、湯使いの良さがあってこそ。
それが塩素循環されてしまうと、何も価値が残りません。

うーん、お湯で褒める所が一切見つからない。なんか、一刻も早く出たい。
評価出来るとしたら、窓からの眺望でしょうか。眼前に渓流が流れ、緑が生い茂っていて景観が良いです。

少し離れた所に般若寺温泉の露天風呂が見えます。誰かいるようです。
でも、ココからじゃ、それが男性なのか女性なのか、あんまり良く分かりません。どうでも良いですが、私は裸眼で視力1.0、眼鏡を掛けると2.0近くある事がわかりました。
見えないより見えた方が良いって事で、眼鏡は常に掛けていますが、別に要らないみたいです。ちなみに運転免許も眼鏡無しでOKになっています。

・・・と、言う事で、入ってすぐに出てしまいました。

受付の方とかとても感じが良かったので、申し訳ないです。
もうちょい良いお湯使いしてくれればなぁ。残念。

安いと言う事においては、非常に魅力的な一湯です。
個人的には、折角奥津に来たのであれば、旅館の立ち寄りをお勧めしたいです。
金額はそれなりにしますが、最高の湯使いに引き換えと思えば、それほど高いとも思いませんから・・・

2008-10/9

コメント

タイトルとURLをコピーしました