岐阜県

神の湯(平湯温泉) ★4.0

単純硫黄泉?

岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯
男女別露天風呂 ・ 家族風呂
0578-89-3448
入浴 : 500円 (冬季閉鎖)

平湯温泉「神の湯」は平湯発祥の湯として知られています。
平湯温泉街の中心地から車でおよそ5分、途中かなり急な坂道を登った先にあります。
10台分程の駐車場に車を停め、少し坂道を登ると、受付の小屋があります。そこで日帰り料金を払い、目指す湯小屋はその更に先です。
およそ2-3分の距離なのですが、その間はずっと上り坂なので、足腰が弱い方や年配の方にはちょっと辛いかも知れません。

暫く歩くと、湯小屋が見えて来ます。一番手前が男性用露天風呂。その奥にあるのが家族風呂。女性用のお風呂は、その更に先、ぐるっと迂回するように登って、ちょうど男性用の真上辺りの位置にあります。
女性風呂が上にあるのは、男性に覗かれないためだと思いますが、途中の急坂に皆さん結構苦戦されている様子でした。

お風呂は至ってシンプルな造りをしています。
小屋のような脱衣所があり、そこで服を脱いで露天に向かいます。内湯はありません。露天風呂は岩風呂になっていて、20人程入れそうな、とても広々としたつくりをしています。
湯口は2箇所あり、片方が打たせ湯、もう片方が岩肌から滝のように流れ落ちています。
湯量は非常に豊富で、湯船に取り付けられた排水口からボコボコと音を立ててお湯が捨てられていきます。
浴槽の温度は41度で適温。湯口からは44度前後のお湯が流れ落ちてきます。
白い湯花が舞う、僅かに濁ったお湯で、少し焦がしたような、優しい硫黄臭がしました。

なお、前述の通り、男性用は下、女性用は上にあります。
男性用浴場の一部(洗い場付近)は、女性用浴場から覗かれてしまう位置関係にあるらしいので、気にする方は気をつけましょう。
もっとも、立ち上がった状態だと、女性用湯小屋へ向かう坂道からも丸見えです。
男性には守って貰えるプライバシーなんて無いのね・・・(涙)

2005-4/17

コメント

タイトルとURLをコピーしました