渋温泉 長野県

金喜ホテル(渋温泉) ★4.0

単純温泉?

長野県下高井郡山ノ内町渋温泉
男女別内湯 ・ 貸切風呂
0269-33-3531
素泊まり : 3300円(2名宿泊1名料金)
外来入浴可 – 営業時間不明

渋温泉にも草津にあるような地元住人用の共同浴場が9箇所あります。
ただし、この共同浴場、草津の場合は誰でも無料で利用する事が出来るのですが、渋の場合は共同浴場が施錠されており、宿泊者、もしくは町営の有料駐車場の利用者でなければ鍵を借りる事が出来ません。
前々から渋温泉の共同浴場めぐりをしてみたかった私は、とりあえず鍵を借りるために安価に素泊まり出来る旅館を探してみたところ、ネットで見つける事が出来たのがここ、「金喜ホテル」です。

金喜ホテルは共同浴場「四番湯・竹の湯」のすぐ隣にある、こじんまりとしたお宿です。
家族で経営をしているような感じで、ホテルというより旅館、もしくは民宿といった雰囲気の宿です。
渋温泉の中心地大湯まで、下駄でトロトロ歩いても3分程度となかなかの立地条件。もちろん共同浴場めぐりに必要な鍵を駆りる事ができ、旅館に留まらずに外を出歩きたい私には非常に有難い価格設定です。
素泊まりなので、夕食時間を気にせず共同浴場めぐりを楽しむことが出来ました。
お部屋も広々としており、雰囲気も良く、金額に対するパフォーマンスは非常に良かったです。

さて、金喜ホテルには温泉の内湯があります。(アタリマエですが・・・^^;)
一つは男女別大浴場。もう一つは檜造りの家族風呂です。
たまたま利用しようと思った時間が家族風呂の利用時間外だったため、大浴場のみ入りました。
大浴場は至って普通。男女の浴槽が仲で繋がっています。
時間で男湯と女湯を入れ替えるらしく、女湯は岩風呂だったそうです。

お湯は無色透明であまり特徴を感じないものです。
渋温泉の共同浴場9箇所の入浴をした後に入った為、疲れていてあまりじっくり堪能する事が出来ませんでした。
金喜ホテルの方、ゴメンナサイ。

アットホームな接客と広々としたお部屋、そして嬉しい金額設定。
渋温泉の共同浴場が恋しくなったら、またお邪魔するかも知れません。
湯巡り目的で渋温泉へ行かれる方にはおススメです。

2005年 5月21日 - 初訪問時のレポート

2007年7月14日(土) - 再訪、宿泊

安さに惹かれ、再訪しました。
実は、申し訳ない事に、予約を一日間違えてしまい、なんと翌日になっていたとの事!
どうしよう、宿無しか!?と思いきや、お部屋を用意して頂く事が出来てほっと一安心です。
しかも、急遽用意頂いたせいか、特別室のようなとても広々としたお部屋ではありませんか!
安い素泊まりだと言うのに・・・申し訳ないです。対応の良さに大感謝!

さて、お風呂。今回は前回入らずに帰ってきてしまった、貸切風呂を利用しました。
開いていれば追加料金や予約などせずにいつでも利用出来るもので、内側から鍵を掛けるシステムです。
内部はまるで共同浴場のような、渋いヒノキ張り。何故か浴室内に金魚の水槽なんかがあります。
お湯はほぼ透明ですが、浴室が暗いせいか、はたまた浴槽の造りのせいか、ほんの僅かに黄土色に濁って見えます。
無骨なホース湯口からは、熱い源泉がチョロチョロと注がれています。浴槽のサイズからする新湯投入量は非常に少ない印象。
しかし、共同浴場などに比べると、利用者が少ないせいもあってか、鮮度は悪くありません。
なんと、お湯からはほんのり硫黄臭が漂い、湯口に鼻先を突きつけて嗅いでみると、はっきりと分かる硫黄臭がするではありませんか!
これは素晴らしい!今までただ安いだけが取り得(失礼っ!)と思っていましたが、これほど良いお湯をお持ちだとは、全く想像していませんでした!
素晴らしいお湯に巡り会えた嬉しさ半分、前回このお湯を堪能する事無く帰ってきてしまった己の不甲斐なさを情けなく思う事半分・・・
何だかとっても複雑な気分になってしまいました。

渋温泉、今後も定期的に訪れる事になると思われ、他にも宿泊してみたいお宿があるのですが・・・うぅむ、ココも再訪したいなぁ。

渋で良いお湯を低予算で楽しみたい方には是非ともお勧めしたい一湯です。
宿泊される際は、貸切風呂も忘れずにご利用下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました