塩原温泉 栃木県

梅川荘 (中塩原温泉) ★2.5

ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
(金録源泉) 65.6度 / ph7.6
Na+ = 420.1 / K+ = 19.7 / Ca++ = 28.8 / Mg++ = 4.8
Cl- = 489.3 / SO4– = 130 / HCO3- = 291.9
H2SiO3 = 120.4 / HBO = 57.8 / CO2 = 36.7
蒸発残留物 = 1602mg

栃木県那須塩原市中塩原2004
0287-32-5115
男女別内湯
750円
13:00 – 20:00

国道から少し外れた所にある旅館です。
ロケーションがなかなか良く、塩原でも歓楽温泉街的な雰囲気が無いので結構良い感じです。
旅館のアプローチに咲き乱れる紫陽花と、玄関先にチョコンと座る愛想の良いわんちゃんに癒されますね。
日帰り入浴は750円です。湯巡り手形を利用するとここから半額になりますので、375円となり、とっても端数です。
紅鮭と一緒に利用したので、2人分で750円払いましたが、一人だと清算が面倒そうですね。

さて、お風呂ですが、内湯と露天があります。
まずは内湯、洗い場数人分と、湯船がひとつあります。
湯船には無色透明のお湯が張られていました。
お湯の感触は・・・うーん。浴室に入るなり漂ってくる塩素臭。
湯口からは良い勢いでお湯が溢れているものの、オーバーフローは湯口からの投入量に見合っておらず、循環一部放流とでも言うのでしょうか。
なんとも残念でなりません。
浴感も温泉らしさを感じる事が出来ず、広々としていること以外、家庭用のお風呂と何ら変わらない印象のものでした。

続いて露天。
塀で遮られており、眺望はそれほど良くありませんが、山と緑を眺めながら入れるかなかのものです。湯船だけあり、岩風呂になっていました。
こちらも残念ながら循環されており、塩素臭漂うお湯が張られています。
外気にさらされている為か、内湯のお湯より塩素臭は控えめですが、温泉らしい感触が感じられない浴感の乏しいものになってしまっています。
あまり長居する気分にもなれず、その場を後にしました。

入り口のわんちゃんに、「もう会う事無いだろうケド、元気でね」と、別れを告げてから宿を後にしました。
立地が良い場所だけに、どうしてもっと良いお湯の使い方が出来ないのかと、とても残念で悲しい気分になってしまいました。

2006-7/9

コメント

タイトルとURLをコピーしました