塩原温泉 栃木県

やまなみ荘 (古町温泉) ★4.5

ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉
(やまなみ源泉) 55.9度 / ph7.1
Na+ = 340.1 / K+ = 29.8 / Ca++ = 28.4 / Mg++ = 10.4
Cl- = 201 / SO4– = 56.3 / HCO3- = 692.9 / HS- = 0.2
H2SiO3 = 209.1 / HBO2 = 21.4 / CO2 = 70.1 / H2S = 0.2
成分総量 1662mg

栃木県那須塩原市塩原2566
0287-32-3962
男女別内湯
500円
10:00 – 18:00

国道から少し裏手に入った所にある、民宿のようなこじんまりとした旅館です。
日帰り入浴は500円ですが、湯巡り手形を利用したので、半額の250円で入浴できました。
なお、内湯と露天があるのですが、500円で利用出来るのはどちらか片方のみです。
内湯と露天両方入る場合は2度支払う必要があります。
源泉はどちらも同じものを使用していますので、今回は内湯に入りました。

お風呂は勿論男女別です。簡単な脱衣所と浴室があるだけのとても簡素なものです。
客室数が5部屋しかないそうなので、ちょうどこんなモンかも知れませんね。
東北の湯治場などを彷彿とさせる造りで、私好みです。

浴室に入って、ビックリしました。2メートル四方程の浴槽に、物凄い勢いでドカドカと源泉が投入されているのです。
浴室内のフロアはどこもかしこも溢れ出たお湯まみれで、笑いがこみ上げてきます。
こんな盛大な掛け流し、滅多に見れるものではありません。これだけの湯量があれば、もう3つほど湯船を追加しても余りそうな気がします。
歓楽温泉街のイメージが強い塩原でこんな凄い掛け流しを見れるとは、正直まったく予想していませんでした。素晴らしすぎます!

お湯そのものの感触ですが、ほんのりツルツルするもので、勢い良く掛け流されているせいかも知れませんが、僅かながらに泡付きが見られます。
言うまでもありませんが、鮮度は抜群に良いです。
ほんの僅かに黄味を帯びており、微量ながら金気臭とアブラ系モール臭、硫黄臭がしました。
湯口にコップが置かれていたので、お湯を口に含んだところ、微塩味と微金属味がします。
熱めに調整されており、掛け流し量が多くてお湯が常に動いているため、入っていると体がポカポカに暖まってグッタリと疲れます。
堪らず、洗い場にゴロンと寝転ぶと、大量のオーバーフローが背中を暖めてくれました。
素晴らしい寝心地です。いつまでも寝ていたくなってしまいました。

ちなみに、女湯ものぞかせて頂きました。
湯船の大きさは男湯の半分か、それ以下。
こちらも気持ちが良い掛け流しになっています。
しかし、掛け流し量では男湯に到底かないません。
ここ単体でも十分に良いんですけどね・・・
男湯と比較してしまうので、物凄く損をしているような気がしてしまいます。

と言う事で、最後まで★を幾つにしようかと悩みましたが、この女湯を見てしまったので、4.5です。
もし女湯も男湯同様であれば満点だったので、かなり残念。
女性で利用される方は、他の利用者が居ない時を見計らってお願いしてみると良いかも知れません。

2006年 7月8日 - 初訪問時のレポート

2007年2月10日 - 再訪

友人と一緒に再訪しました。相変わらずの素晴らしい湯量と新鮮なお湯の掛け流しで、友人も喜んでくれました。
ここのお湯は本当に素晴らしいです。
温めなので、体力をあまり奪われる事が無く、ゆっくりと入浴する事が出来ます。
次回は立ち寄りと言わず、泊まりで利用してみたいですね。
いつ訪れてもこの素晴らしいお湯が変わる事無くそのままである事を願ってやみません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました