山形県

梅里苑 (真室川温泉) ★3.5

ナトリウム-塩化物温泉
46度 / H20.7.30
Na+ = 5241 / K+ = 73 / Mg++ = 24.5 / Ca++ = 200.8
Fe++ = 0.3 / Mn++ = 0.2 / Cl- = 8419 / Br- = 34.6
I- = 2.2 / HCO3- = 199.4 / CO3– = 0.6 / H2SiO3 = 83.9
HBO2 = 56.9 / CO2 = 8.4 / 溶存物質総量 = 14340mg

山形県最上郡真室川町平岡894-2
0233-62-2373
男女別内湯 ・ サウナ ・ 水風呂
350円
7:00 – 21:00

羽根沢温泉「松葉荘」をチェックアウトした後、さてどこへ行こうかと友人のページを参考にしていたところ、まだ入ったことの無い「真室川温泉」と言うのを見つけました。
場所は、山形県の北部、秋田との県境にも程近い場所にあります。羽根沢温泉からもそう遠く離れていないようでしたので、ナビにセットして、向かって見ることにしました。

たどり着いたのは、民家がちらほらと建つ、長閑な一帯の、小高い丘の上です。なかなか立派な施設がドーンとありました。
真室川町の公営と言う事で、所謂センター系施設です。
さすが、山形はセンター系が充実しています!
中は広々としており、休憩所や、お土産などの小物を販売するコーナーも充実しています。
この日は元旦だった為、お年玉代わりにクジをやっていました。紅鮭はハズレでミカンをゲット。
私は末賞の入浴券をゲットしました。ラッキー!でも、使い道が無いので、後日山形の友達にあげてしまいましたけどね・・・

さて、そのお風呂ですが、当然ながら男女別で、内湯のみです。
さすが山形のセンター系と言いたくなる、とっても広々した浴室です。
右手側に洗い場が並び、正面にドーンと湯船。左手側にはサウナと水風呂がありました。
綺麗に清掃されており、大きなガラス窓からの採光でとても明るい室内です。

お湯はうっすら緑色に見える透明な物です。残念ながら循環がされており、ほんの少し塩素臭がしています。これはまあ、センター系だし、仕方が無いかな。
しかし、お湯自体はなかなか特徴がある物です。まずは臭いですが、塩素臭以外にも、鉱物アブラモール臭とでも言うのでしょうか、特徴的な臭いがします。
若草のような臭いにも似ており、どことなく、前橋周辺のお湯に似ているような気がします。
肌触りはお湯の中だとツルツルしますが、お湯から上がるとベタベタ感が残ります。
強い塩分を含むため、とてもよく温まります。
湯口から注がれるお湯をちょっと舐めて見たところ、はっきりと分かる塩分を感じました。

どんな物かもわからず、とりあえず立ち寄った施設なのですが、思ったよりも良いお湯で驚きました。
塩素臭さえしなければ大満足なのですが、源泉の底力を充分に感じる事が出来たのは大きな収穫です。
お湯といい、立派な造りといい、流石山形って温泉天国だなぁと感じさせられた素晴らしい一湯でした。

2009-1/1

コメント

タイトルとURLをコピーしました