山形県 東根温泉

オオタ湯(旧施設) (東根温泉) ★3.5

含硫黄-ナトリウム-塩化物・ 硫酸塩温泉
(さくらんぼ東根温泉協組12号源泉) 62.2度 / ph7.9
Na+ = 370.5 / K+ = 10 / Ca++ = 46 / Cl- = 440.6
SO4– = 203.4 / HCO3 = 159.8 / HS- = 1.4
H2SiO3 = 65.2 / HBO3 = 20 / H2S = 0.2
成分総計 = 1331mg

山形県東根市温泉町2丁目1-22
0237-43-6788
男女別内湯
300円
8:00 – 22:00 新施設完成に伴い2008.1.6に閉 鎖

東根温泉に幾つかある共同浴場(公衆浴場?)のひとつです。
新しく建て替えられるため、現在のオオタ湯が間もなく閉鎖されると聞き、その前に是非入っておこうと思い立ち寄って来ました。
なんとも渋いのが、この外観です。駐車場の上に旗?で、オオタ湯と書かれています。
新しい施設には恐らくこんなの無いですよね?ちょっと寂しいなぁ・・・

さて、内部。休憩出来るスペースなんかもあり、なかなか使い勝手が良さそうです。
素人目に見る限りでは、老朽化している様子でもなし、別にまだまだ現役で頑張れるのではないかなと思うのですけどね。
券売機で入浴券を買い、受付に渡すと、「お年玉です」と言って、無料入浴券をくれました。
ラッキー!ちなみに新しいオオタ湯でも使えるかと聞いてみたところ、OKとの事です。
元旦に湯めぐりするとたまに良い事ありますね!

お風呂は男女別でそれぞれに内湯があるだけのシンプルなものです。
タイル張りの、至って普通な造り。台形の湯船が奥にあり、左右に洗い場がありました。
正月早々、結構利用者が多くてビックリしてしまいました。利用者は殆ど地元の方達で、温泉を楽しむと言うのではなく、普通にお風呂を利用しに来ている感じです。
温泉が身近な物として当たり前のように生活に根ざしていると言う事なんでしょうね。
ウラヤマシイ限りで・・・

さて、お湯。うっすらウーロン茶色をした透明な物で、いかにも東根って感じがするモール系のお湯です。
残念ながら循環利用。まぁ、利用者を考えれば仕方が無いかな。でも、不快な塩素臭などはせず、悪くありません。

お湯は肌触りがツルツルして気持ちが良い物です。ちょっと変わった形をした湯口からはお湯がドバドバ注がれていますが、源泉と循環湯がブレンドされているみたいです。
湯口の端のお湯を触ると、適温なのですが、中心辺りを触ると、熱湯で火傷しそうな程に熱かったです。
その熱いお湯の臭いを嗅ぐと、甘い硫黄臭がツーンと鼻先を刺激しました。

新施設がどのような物か、ちょっと楽しみですね。
頂いた無料券で、是非お伺いします。

2008-1/1

コメント

タイトルとURLをコピーしました