宮城県 遠刈田温泉

トスネット元気荘(遠刈田温泉) ★3.0

単純温泉
(源泉名:元気源泉) 68度 / ph8.0
Na+ = 204.9 / K+ = 10.7 / Ca++ = 16.2
Cl- = 104 / SO4– = 146.9 / NCO2 = 259.2 / CO2– = 15
H2SiO3 = 158.9 / HBO2 = 30.2 /
成分総量 948.8mg

宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字七日原365-3
0224-34-1880
男女別内湯
600円
10:00 – 16:00

遠刈田温泉の中心街から川を挟んだ所にある、「トスネット」と言う警備会社の研修施設に湧く温泉です。
仙台在住の湯巡り仲間の案内で行くことが出来ました。この場をお借りしてお礼申し上げます。
研修施設ですが、一般開放されており、トスネット部外者でも気軽に利用出来ます。
ただ、研修合宿などが開催される場合、会社の都合で不定期に利用出来なくなる事もありますので、ダメモトで行った方が良いでしょう。
私が訪れた際は問題なく立ち寄りで利用する事が出来ました。
(まあ、たいていの場合は大丈夫そうですけどね)

内部はとても広々としており、清潔です。企業の研修施設との事で、「社訓」とか「売り上げノルマ表」があったらどうしようかと思いましたが、勿論そんなものはありません。(って、アタリマエか?^^;)
造りとしてはどこにでもありそうな日帰り入浴施設と言った感じです。待合スペースや休憩出来る一角などもあり、使い勝手は非常に良いです。
お風呂は勿論男女別で、それぞれに内湯と露天がありました。

まずは内湯ですが、洗い場数人分と、4~5人くらいならゆったりと入れる浴槽が一つあります。
うっすらと黄味がかった透明のお湯が張られており、湯口からザブザブと掛け流されていました。
お湯の感触は多少のぬめり感があるなかなか気持ちが良いものです。ちょっと熱めに調整されており、入って暫くすると汗がどっと噴出しました。
とても力強いお湯ですね。
で、気になったのはお湯の臭いです。湯口に鼻先を突っ込んでみたところ、ハッキリと分かるアブラ臭がするのですが、浴槽で嗅ぐ臭いは、モール臭と妙に薬品っぽい甘い臭いが漂い、ちょっと落ち着かない感じがします。
ん?お湯が劣化するとこう言う臭いになるのかな?一緒に入った湯巡り仲間と顔を見合わせてしまいました。

何だか釈然としないまま、露天風呂にも入る。そこでやっと謎が解けました。
こちらにも黄色がかった透明のものが張られているのですが、内湯のオーバーフローがパイプを通して注がれています。
当然ながら鮮度は悪いのですが、特徴的だったのはお湯の臭いで、塩素の臭いが強烈に漂っていました。
どうやら、劣化している為にお湯そのものの臭いが消え、塩素臭だけが残ったみたいですね。
と言う事は、内湯で嗅いだ不思議な臭いの正体は塩素だったみたいです。うーん、知りたくない事実を知ってしまった感じですね。
ま、会社の研修施設だし、お湯の質をあまり求めても仕方がないのかな・・・

源泉そのものの質は非常に良さそうなだけに、とても残念な一湯です。
折角案内して下さった仙台の友人にも申し訳が無い・・・
でも、遠刈田ではとても珍しい泉質だと思いますし、もしかしたらこの日だけ塩素投入量が多かったなんて事も考えられますので、機会があれば是非とも立ち寄って貰いたいところですね。

2006-3/12

コメント

タイトルとURLをコピーしました