岩手県

国見山荘(国見温泉)★4.0

含硫黄-ナトリウム-炭酸水素 塩泉
(町営緑の湯) 44.7度 / ph6.9 / 15L / 掘削自噴
Na+ = 1315 / Ca++ = 81.2 / K+ = 20.2 / Mg++ = 41.7
Cl- = 209.2 / HS- = 14.9 / SO4- = 124.1 / HCO2- = 3507
H2SiO3 = 51.7 / CO2 = 465.4 / H2S = 21
成分総計 = 5863mg

岩手県岩手郡雫石町橋場
090-8927-5689
男女別内湯
630円
10:00 – 20:00 (冬季閉鎖)

国見温泉には入浴出来る施設が3箇所あります。
ひとつは、前日宿泊をした、「石塚旅館」。日本秘湯を守る会の会員宿で、国見温泉を代表する旅館です。
もうひとつは、「森山荘」。石塚旅館の隣にあり、お湯は石塚旅館から引き湯しています。
そして、もうひとつが、今回訪れた町営の日帰り入浴施設、「国見山荘」です。
国見山荘は石塚旅館よりも手前に位置していました。

駐車場が通りに面しており、アクセスがしやすい場所にあるのですが、建物はそこから少し階段を登った所にあるので、非常に目立たない印象です。
私が訪れた時は、駐車場には軽自動車が一台停まっているだけでした。恐らく管理人さんが乗って来たものなのかな?
自家発電しているせいか、建物も電気がついておらず、やっているのかいないのか、ぱっと見た限りでは分からない程です。
入浴料は、町民であれば310円なのですが、地域外の人だと630円で、他の2軒に比べると少し割高です。
地元民料金を別に設けている所はココに限らないのですが、ちょっと残念。

さて、お風呂ですが、男女別の内湯があります。小さな浴室には湯船が一つあるだけで、とてもシンプル。まるで共同浴場のようです。
薄緑色に濁った、いかにも国見温泉と言ったお湯が張られていました。
温度は適温。強い硫黄臭とアブラ臭が漂う、とても特徴があるものです。
お湯は石塚旅館のものと非常に似ていますが、こちらは独自源泉を使用しており、僅かに印象が違います。
具体的には、硫黄臭は、石塚より控えめ。味も苦味控えめ。アブラ臭弱い。
緑色の加減も少しおとなしいと言った所でしょうか。一言で言ってしまうと、薄まっているような印象がするものです。
ただ、それでも他所の温泉と比べるととてつもなく濃い、良いお湯には違いありません。
誰もいない、暗い浴室で一人なのは、落ち着けるような、少し不気味なような、ちょっと複雑な感じでしたが、ゆったりと寛ぐことが出来ました。

他に利用者がいなかったのが気がかりです。町営なのだそうですが、それでも大丈夫なんでしょうか・・・?
ただ、国見にある3箇所のうち、どれか1箇所オススメを選ぶとすれば、最初に除外されてしまうのも事実。
部外者にちょっと高いという事と、他が色々と充実し、お湯の力強さが違う事がその理由。
穴場を探しているのであれば、逆にココが一番って話になるんですけどね。^^;

ともあれ、国見ファンであれば、確実に抑えておきたい、貴重な独自源泉の一湯です。
310円で利用出来る町民の方々がウラヤマシイ!
(国見温泉ってトンでもない山の中なんですが、町民ってどこにお住まいなんだろうか・・・?)

2006-8/21

コメント

タイトルとURLをコピーしました