北海道 糠平温泉

湯元館 (糠平温泉) ★3.5

最終入湯日 : 2006-7/17

ナトリウム-塩化物・炭酸水素 塩泉
(糠平温泉) 59.2度 / ph7.0 / 自然湧出
Na+ = 236 / K+ = 10.9 / Ca++ = 40.5
Cl- = 247.1 / SO4– = 72.3 / HCO3- = 291.4
H2SiO3 = 128.1 / HBO2 = 46.1 / CO2 = 45.2
成分総計 = 1122mg

北海道河東郡上士幌町字糠平
01564-4-2121
男女別内湯
500円
10:00 – 21:00

糠平温泉の湯元館に行って参りました。
なんと、この施設、入り口に「元祖湯元館」と言う看板がかかっています。
元祖で湯元とは、かなり凄い肩書きです。
となると、探してみたくなるのは「本家」なのですが、どうやらいないみたいで、ちょっと残念。やっぱ、元祖の隣には本家がいてくれなくちゃツマラナイです。
糠平温泉で一番最初に温泉を開拓したそうなんですね。
なるほど・・・

お風呂は広々とした内湯と、露天があります。
まずは内湯。楕円形の大きな湯船と、小さな湯船がありました。
小さいほうは水風呂で、温泉ではない様子。
大きな湯船は真ん中に湯口があり、そこからお湯がこんこんと溢れ出ています。
源泉温度が高い為もあり、どうやらこれは加水されている様子。
何となく薄い印象も否めませんが、ほんのり温泉臭と石膏臭が香る悪く無いもので、なかなか気持ちが良かったです。

次に露天。露天は2箇所ありました。
ひとつは、内湯から階段を降りていった所にあるもので、湯口が打たせ湯のようになっています。
お湯は内湯と同じもので、これも温泉臭が香るなかなかのものです。
眼下に渓流を望みながら入る事ができ、とても良い感じです。

もうひとつは、それの少し上にあり、岩風呂になっているものです。
同じく渓流を望みながら入浴できます。ちょっと熱めに調整されており、湯口からはかなり熱いお湯が注がれていました。
どうやらこちらは加水などされていないのかな?
湯口には飲泉用のコップが置かれていました。試しに口に含んでみたところ、ほんのり塩分と硫黄味のようなものを感じます。

控えめに個性を主張する温泉と言う感じで、なかなか気持ちが良かったです。
宿の雰囲気も良いので、普通に宿泊をしたい人には良いかも知れません。

機会があれば是非立ち寄ってみる価値がある一湯だと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました