北海道

童夢 (稚内温泉)★3

最終入湯日 : 2008-7/18

ナトリウム-塩化物泉
(稚内ノシャップ温泉1号)
34.4度 / 51L / 自噴 / ph7.6 / H9.4.11
Na+ = 8085 / K+ = 27.1 / MH4+ = 52.9 / Ca++ = 51.5
Mg++ = 26.9 / Cl- = 8902 / F- = 0.6 / HCO3- = 6615
Br- = 67.7 / I- = 16.8 / H2SiO3 = 16.6 / HBO2 = 415
成分総計 = 24730mg

北海道稚内市富士見4丁目1487
0162-28-1160
600円

北海道の北の外れ、日本最北端の稚内温泉にあるセンター系施設です。
つまり、日本最北端のセンター系施設と言い換える事も出来るわけで、センター系はどちらかと言うと苦手とする私ですが、ちょっとだけ嬉しかったりします。
とても広々とした駐車場がある立派な施設です。こんな辺鄙な所で、一体誰が来るのだろうと思ったら、駐車場は満車くらいにすっかり埋まっています。
中にも沢山の人がごった返していてびっくりしました。

内部は、いかにもセンター系の立派な造りをしています。
受付・フロントは1階にありますが、浴室や休憩所、食堂などは、すべて2階にあります。
施設の外観通りに、とても立派です。使い勝手の良い脱衣所は、100円返却式のカギがかかるものです。

さて、そのお風呂。内湯と露天風呂があります。
内湯には広々とした洗い場や、温泉湯船、真湯、寝湯、ジャグジー、サウナなど、一通りのものがしっかりと揃っています。
この手の施設ではつきものの塩素臭も健在で、浴室全体に立ち込めています。
温泉浴槽はとても広々としていますが、どうやら循環されている様子。僅かに若草のようなモール臭と臭素臭がしますが、同じ源泉を使用している宗谷パレスのお湯に比べると、まるで力の無いものです。
肌触りのツルツルも僅かにありましたが、宗谷パレスには全く及びません。
塩素臭立ち込める室内にはあまり長居したくないので、洗い場に備え付けられているシャンプーで髪の毛を洗い、露天へと避難しました。

露天は内湯の造りに比べるとシンプルなもので、湯船がひとつと、休憩用にベンチソファが数台置いてある程度です。
こちらの湯船に張られているお湯も温泉で、残念ながら、内湯と同じく塩素循環されているようです。お湯からはモール臭と臭素臭、僅かなアブラ臭もあり、それに加えてしっかりと塩素消毒臭がします。
ただ、外気に晒されているせいか、内湯のものに比べると塩素臭が控えめです。
また、お湯のそのもの感触も内湯よりは良くて、しっかりとツルツルします。
浴槽内を攪拌する為か、循環の噴出口から物凄い勢いでお湯が注がれており、落ち着かない程に勢い良くお湯が掻き回されている事が残念でした。

とりあえず、日本最北端のセンター系施設に入ることが出来て満足です。
それにしても人が多くてびっくりしました。私が訪れた時間が利用者のピークに重なったのかも知れませんが、これだけ人気があれば当分の間は安泰ですね。
また、ロシア人の利用者も居た事には驚きです。さすが稚内と思ってしまいました。
道北湯めぐりをする際は是非立ち寄り候補に入れて貰いたいと思った一湯です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました