遊亀温泉(遊 亀温泉)
★★★
3.5

最終入湯日 : 2005-12/4
訪れた回数 : 1回

場 所
山梨県甲府市太田町11-5
泉 質
単純温泉 / 25.4度
風 呂の種類
男女別内湯
電 話
055-232-0974
料 金
380円
営 業時間
13:00 - 21:00 (日曜日は7時から)











源 泉
鮮 度
個 性
風 情
鄙 び
環 境
飲 泉
循 環
塩 素
加 温
加 水











一 言コメント

地元の他人に愛される、どこか昔懐かしい温泉銭湯です。






甲府市内の住宅街にある温泉銭湯です。
ナビを頼りに行ったので無事にたどり着く事が出来ましたが、かなり分かり難い所にあります。
温泉と言うよりは、地域の方々が日常的に利用するお風呂と言った感じですね。

中の造り銭湯そのものです。玄関で靴を脱ぎ、中に入るとすぐ脱衣所になっています。
番台でお金を払うのですが、この番台、男女の脱衣所をまたぐように作られており、いかにも
昔ながらと言う雰囲気。「番台に座ってみたい!」とは、男の子ならば誰もが一度は夢見た事
と思いますが、まさしくそんな番台なのです。(笑)
男女脱衣所と浴室を遮る壁も妙に低く、椅子に乗ればもしかしたら見えるかも・・・と言う感じ。
なんだか、ドリフのコントで出てきそうな、典型的な昭和の銭湯という造りですね。

さて、肝心のお風呂。
浴室には数人分の洗い場が左右にあります。銭湯なので、石鹸などの
備え付けはありません。
浴槽は真ん中にあり、3槽に分かれていました。
一番手前の大きな湯船は調整。右奥が熱めのお湯で、左奥が温めの
お湯です。
右奥と左奥のお湯は手前の浴槽にオーバーフローしていました。
源泉温度が25.4度と低いので、どの浴槽のお湯も沸かしているものと
思われます。
しかし、循環などしていないようで、しっかり掛け流しなのが実に嬉しい
ですね。湯口には飲泉用コップが置かれていました。
東京に沢山ある加熱循環の温泉銭湯には見習って欲しいものです。


肌触りはツルツルすべすべしてとても気持ちがいいです。お湯の色は麦茶のような褐色透明で、
モール臭と、何だかそのまま麦茶のような、香ばしい臭いがします。
僅かに泡付きがあり、源泉のままだと恐らく沢山泡が付く泉質と思われます。
全浴槽で加温されているのが少し残念。水風呂代わりに、源泉そのままの浴槽を用意して
くれていると、凄く嬉しかったのですが、これは少し望みすぎかな?