フカサワ温泉 (フ カサワ温泉)
★★★★ 4.5

最終入湯日 : 2010-4/3
訪れた回数 : 1回

場 所
山梨県中巨摩郡昭和町西条1961-1
電 話 055-275-5361
風 呂の種類
男女別内湯 ・ 露天風呂
料 金
420円
営 業時間
9:00 - 22:00





飲 泉
循 環
塩 素
加 温
加 水





 
ナトリウム-炭酸水素塩・塩化 物泉
(フカサワ温泉)
45.9度 / ph7.3 / 200L / 動力揚湯 / H17.8.11
Na+ = 258.7 / K+ = 24.1 / Ca++ = 32.5 / Mg++ = 20.3
Cl- = 139 / HCO3- = 796.1 / CO2 = 22.8
成分総計 = 1435mg







山梨の甲府周辺には、温泉銭湯が数多くあります。その中で、比較的評判が良くて、私が
今まで行った事無い所が無いか探してみたところ、出てきたのがこのフカサワ温泉です。
早速ナビに登録し、指示されるままに向かいました。

ちなみに余談ですが、甲府には「草津温泉」と、「伊香保温泉」と言う屋号の温泉銭湯が
あります。草津と伊香保は、言わずと知れた群馬の超有名温泉地ですが、この銭湯は当然
無関係で、何とも大胆な名前をつけたものです。
その草津温泉には立ち寄っていますが、伊香保温泉には入った事がありませんでした。
お湯遣いはマズマズだったと聞いていたので、あまり行こうと言う気が起こらなかったの
です。そうこうするうちに、先日廃業されてしまったと聞きました。
物凄くB級なネーミングセンスだった所で、何故廃業する前に訪れていなかったかと、後悔
ばかりが募ります。
フカサワ温泉からも近いため、やっていない事は知っていましたが、せめてもの思い出に、
建物前まで行ってみました。当然ながら廃業しており、真っ暗でした。

さて、そんな寄り道をしつつ、たどり着いたフカサワ温泉。こちらは廃業しておりません
ので、看板にも煌々と灯りが灯っています。結構人気があるのでしょうか、駐車場は殆ど
が埋まっています。
中に入ってお金を払うと、受付のオバちゃんがとても気さくに「お風呂はアッチだよ!」
と教えてくれました。キョロキョロとあたりを観察している私を見て、初めて来る客だと
見抜いたのでしょうか。雰囲気的に、常連さんが多そうな感じですので、もしかしたら見
ない顔だと思われたのかも知れません。



お風呂は当然男女別で、それぞれに内湯と露 天があります。
内湯は、入って手前に洗い場が数人分あり、奥に湯船が2つ。脱衣所から入って
正面にある小さな湯船は、高温浴槽で、45度くらいあります。
左側にある少し広めの湯船は、42度くらいの適温です。

お湯はどちらも同じ源泉ですので、私は主に 鮮度の良い高温浴槽を利用しま
した。
久しぶりに入る甲府のお湯、うっすらと土気色に濁っており、はっきりと分かる
金気臭がします。ピュア金気臭とでも言うのでしょうか、まさしく鉄錆臭のような
香りがします。
お湯の温度が高い事も手伝い、ガッツリと温まります。体の芯から汗を搾り取
られるような感じですが、これはこれで、なかなか気持ちが良いです。
甲府のお湯って、モール系のイメージが強かったですが、そう言えば金気臭も
したっけなぁ?
最近入っていないので、単純な比較をする事は出来ませんが、少なくとも私の
記憶では、ここまでの金気臭はしなかった筈です。

高温浴槽に5分も入っていると、ヘロヘロに疲れるので、外気にあたりに露天へ。
こちらは湯船がひとつと、ベンチがあるだけの、とてもシンプルな物です。
私がベンチに座って涼んでいると、小学生くらいの子供と、オジサンが入ってき
ました。
最初親子かと思ったら、他人だったようで、「坊やどこから来た?」「何年生?」
などと会話が進んでいきます。
子供がオジサンに「温泉とお湯って何が違うの?」「何でこのお湯は濁っている
の?」などと質問をし、それに対してオジサンが一生懸命説明する姿が、何とも
微笑ましかったです。ちなみに露天も温泉で、少し温めでした。

 


私が訪れたタイミングに限って言えば、常に色んな人が訪れ、とても賑わっている施設で
した。この先も、良いお湯を守って、廃業する事無く続いて欲しいと思った一湯です。