大菩薩の湯(大 菩薩の湯)
★★
2.0

最終入湯日 : 2005-12/4
訪れた回数 : 1回

場 所
山梨県塩山市上小田原730-1
泉 質
アルカリ性単純温泉 (源泉名:大菩薩の湯)
30.3度 / ph10.0 / 145.5mg / 915ℓ
風 呂の種類
男女別内湯 ・ 露天 ・ サウナ
電 話
0553-32-4126
料 金
600円
営 業時間
10:00 - 20:00











源 泉
鮮 度
個 性
風 情
鄙 び
環 境
飲 泉
循 環
塩 素
加 温
加 水

×


×

×




一 言コメント

うーん。良かったのはロケーションだけだなぁ。






大菩薩峠の手前にある日帰り入浴施設です。
当初は峠を越えて丹波山温泉に行く予定だったのですが、この日は雪が降っており、
ノーマルタイヤのまま峠を越えるのは危険と判断して断念。(一応チェーンはあったけど)
折角来たのだから雪見露天でも楽しめればと思い、この大菩薩の湯に立ち寄りました。
いかにもと言った感じがする日帰り入浴施設の風情で、駐車場から施設に向かう階段が
山門になっています。雪が積もり、なんとも良い雰囲気になっていました。

中は結構広々としており、これまたイマドキな日帰り入浴施設と言った感じです。
入ってすぐの所が、地場産の農作物やお土産などが売られている売店コーナー。その
隣は蕎麦やカレーなどがある軽食コーナーで、休憩用の大広間もあります。

さて、一番肝心なお風呂ですが・・・
うーん。プールに来たかと錯覚するほどの塩素臭がするものでノックアウト。
露天風呂もあるのですが、屋根がついていて展望も悪く、期待していた雪見という訳には
いかず・・・
肌触りはツルツル・・・ というか、多分塩素のせいでしょうか、肌が薬品で溶かされるような、
妙なニュルニュル感があります。長湯しようにも、体がチクチクむず痒くなってしまい、ずっと
湯船の中で留まっている事が出来ませんでした。
Yokoとの待ち合わせ時間までの間を持たせるため、仕方なしにサウナ室へ移動。
うーん、温泉に入りに来たんだけどなー・・・

まぁ、最初から多分こうなるだろうと思って利用している為、それほどショックはありません
でしたが、それでも少し凹みました。
塩素の過剰投与反対!!!