温泉天国よつやのゆ (非温泉
ヽ( `Д´)ノ<ウワァーン!!!
 

最終入湯日 : 2007-6/17
訪れた回数 : 1回

場 所
富山県高岡市四屋672-2
電 話 0766-26-7778
風 呂の種類
男女別内湯 ・ 露天風呂
料 金
500円
営 業時間
忘れたけど、知ってどうする さ・・・?





飲 泉
循 環
塩 素
加 温
加 水


100%
 
温泉ではありませんがなにか





はじめての富山湯めぐり、ラベンダー風呂と強烈塩素臭完全循環風呂に当たってしまい、
折角来たのにこれではと、物凄い凹んでいた私。
こうなったら海産物でも食べて気分変えるかと思い、市街地を走っていたところ、「温泉天国
よつやのゆ」なる、B級な臭いがプンプンする施設を発見しました。



全くチェックしていなかった所ですが、 ウォータースライダーと思われる
怪しげなパイプが建物から突き出しています。
正面に周ってみたところ、オレンジと黄色の、ラテンチックなド派手な
エントランスで、怪しさ大爆発!
きっとお湯はたいした事無いだろう・・・ でも、ラベンダー風呂と、プールに
入る前に浸かる消毒塩素のような完全循環のお湯を経験してしまった私に
とって、これ以上怖いものはありません!
何より、ウォータースライダーがとても気になります。
お湯がどうであれ、ここを素通りしたのでは、東京に帰ってからも寝付け
ない日々が続いてしまいそうです!

と、言うわけで、おなかすいたから先に行こうと反対する紅鮭に「ウォータースライダーだよ!」
「温泉天国だよ!」「凄い外観してるじゃん!」と意味不明な説得を行い、10分で出る事を
条件に突撃してきました。

さて内部。期待通りにカオスな光景が広がっています。
なんだか人多い。今回富山で湯めぐりした中で、一番多いかも? しかも子供多い。
やっぱりウォータースライダーだからでしょうか。
脱衣所は、受付けでキーを貰って、指定の番号のロッカーを使うタイプのものですが、その
脱衣所一角に畳間の休憩コーナーがありました。
簡単なちゃぶ台に灰皿、テレビが置かれており、4〜5人くらい利用中。まぁ、他所でもあり
そうなものですが、なんと、利用者全員が全裸なのです!
素っ裸で畳にペタリと座り、タバコ吸いながらテレビを見る人々。
おいオマイラ! いっくらなんでも、パンツくらい履け!


さてさて、浴室。広々としています。入って すぐに感じる塩素臭は想定内の
事なので、何とも思いません。
右手側に湯船、一部ジャグジーやらジェットがされています。
左手側にはプールがあり、ウォータースライダーがちゃんとありました!
WOW!!!
ワーイ、ボクも滑るぞ〜! と言いたいところでしたが、お子様方がキャッキャ
言いながらはしゃいでおられましたので自粛。
う〜ん、折角来たからには滑りたかったけど、大人としてのプライドが許して
くれませんでした。
大人になってからのウォータースライダーはホテルプリウスに行くしか無さ
そうです・・・

お湯はなんの特徴も感じない、塩素泉です。無色透明塩素臭。浴感はただの
お湯。
期待通りに塩素循環されており、オーバーフローはありません。
とってつけたような露天風呂もあり、こちらには岩風呂2つ。屋根が空いている
だけで眺望は一切ありませんが、片方が薬草風呂になっていました。
硫黄臭のようなヘンな臭いと、漢方の薬が混ざったような薬品系の臭いが
します。
なんかに効果あるのかな・・・?

多少でも温泉っぽい特徴を感じる事が出来ればラッキーでいsたが、ま、有る
意味期待した通りなので、良いかな。
ウォータースライダーを滑れなかった事と、子供がいて写真に収められなかった
事が心残りですが、まぁ、それはそれでヨシ。

 



浴後、脱衣所ウロウロ。きっと単純温泉だろうと思って成分表を探しますが、見当たりません。
ハテ、どういう事だろう?
帰り際、受付けで「温泉成分表ありますか?」と聞くと、なんと、「ウチは温泉ではありません」
との、想定外な回答が帰ってきました。


・・・


だって、温泉天国って書いてあるぢゃん〜・・・

富山まで来て非温泉に入ってしまった私。
流す涙も枯れました。