城の湯温泉センター(城 の湯温泉)
★★
2.0
http://www.city.yaita.tochigi.jp/html/osirase/shironoyu/shironoyu-index.htm
最終入湯日 : 2005-11/19
訪れた回数 : 1回

場 所
栃木県矢板市川崎反町295
泉 質
ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉
(矢板市城の湯源泉) ph8.1 / 73.5度 / 2936mg
風 呂の種類
男女別内湯
電 話
0287-44-1010
料 金
400円
営 業時間
9:00 - 21:00











源 泉
鮮 度
個 性
風 情
鄙 び
環 境
飲 泉
循 環
塩 素
加 温
加 水

×


×

×




一 言コメント

塩素過剰投与反対! 源泉そのものは良さそうなのですが・・・






東北自動車道の矢板ICから程近くにある、公共の日帰り入浴施設です。
湯口からアブラ臭のするお湯が出ているとの事で興味を持ち、行って参りました。
訪れた時間が土曜日の夕刻だったせいもあってか、既に多くの人で賑わっていました。

内部は、いかにもセンター系と言った感じがする、日帰りの入浴施設です。
休憩所や食堂、待合スペースなどもあり、使い勝手はなかなか良さそう。
浴場は男女別に分かれており、内湯だけでした。

浴室内には、10人以上ゆったり入れる大浴槽と、ジャグジー、サウナ、水風呂、寝湯
など、いかにもセンター系らしい、多くの浴槽が用意されていました。
入って最初に感じたのは、強烈な塩素臭さ。うーん、プールに来たみたいです。
とりあえず、大浴槽に直行し、湯口の前に陣取る。
浴槽内のお湯は、もう、手が付けられない程に塩素臭がしており、体がチクチクむず痒く
なってきました。一縷の望みを託し、湯口のお湯の臭いを嗅いでみたトコロ・・・
うーん。ここからも塩素臭。湯口に「このお湯は飲用に適していません」などと書かれて
いる事から、既に塩素で毒されている模様・・・
これにはかなりガッカリしました。
唯一、塩素以外にも「何か」の臭いがしたのですが、塩素臭が強烈過ぎてその何かが
何なのかはサッパリ分からず・・・
勿体無いと思いつつも、入ってすぐに出てしまいました。
(鼻の良いYoko曰く、喜連川早乙女をかなり薄くしたようなアブラ臭だったとか・・・?)


うーん。
源泉浴槽が一つあれば、評価が凄く変わりそうな、とても残念な一湯です。
何も、親のカタキみたく塩素入れなくたって良いでしょうに・・・
源泉が良さそうなんですけどね。お湯がカワイソウだと思いました。