美肌湯(静 岡温 泉)
★★★
3.0
http://www.shizuoka-onsen.co.jp/
最終入湯日 : 2005-9/10
訪れた回数 : 1回

場 所
静岡市籠上15-15
泉 質
含硫黄-ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・
硫酸塩・塩化物温泉
風 呂の種類
男女別内湯・サウナ・ジャグジー・寝湯 など
電 話
054-252-1126
料 金
時間別料金体系 800円〜 (土日2時間 1000円)
営 業時間
6:00 - 23:00











源 泉
鮮 度
個 性
風 情
鄙 び
環 境
飲 泉
循 環
塩 素
加 温
加 水

×


×

×




一 言コメント

うーん。なんか自分の求めているものと違う。
硫黄泉はそこそこ良かったですけどねー





静岡温泉は、その名前の通り、静岡にあります。JRの静岡駅から車で僅か5分程の、
街道沿いにあります。アルカリ性単純温泉と硫黄泉の2種類が楽しめると宣伝されており、
静岡に住む友人の所に行く時何度か見かけて気になっていました。
なお、「美肌湯」と書いて、「びじんゆ」と読むらしいです。
建物はいかにもな感じがするセンター系日帰り入浴施設で、風情は無いですが使い勝手は
よくまとまっていました。

さて、入り口の自動券売機で入浴券を買う私。ここでちょっとビックリ。なんと、たった2時間の
利用にも関わらず、土日料金という事で1000円も取られてしまいます。
しかも、タオル等は別料金で、400円取られる様子。私の場合はタオル持参なので問題あり
ませんが、手ぶらの人がフラリと立ち寄ると、随分と沢山取られてしまいます。

館内にはカラオケ施設や休憩施設がテンコモリの様子。でも、お風呂以外興味が無い私は
そのまま浴場へ直行。休憩所使わないから、入浴料を少し安くして貰えないだろうか・・・
テレビなんかが備え付けられた広々とした脱衣所で服を脱ぎ、いざ浴室へと向かいます。
浴室は、何だか南国リゾートかと思わせるような、浴槽が沢山ある小奇麗な造りをしています。
ただ、風情があるかと言うと、うーん。少なくとも温泉って感じではありませんね。ベンチソファに
寝転んでトロピカルジュースを飲むには心地良さそうです。

まず最初に入ったのは、浴室内で一番奥にある、「源泉リラックス浴槽」と書かれた湯船です。
こちらには無色透明のアルカリ泉が張られていて、寝湯になっています。
源泉浴槽だけに、きっと新鮮なお湯に違いないと思い、入ってみたところ・・・
ノックアウトしてしまいそうなほどに強烈な塩素臭がするお湯でした。
肌触りはツルツルしますが、アルカリ性だからというよりは、劣化しているからという印象です。
それでも暫く入っていると、塩素で肌がチクチクむず痒くなってしまい、流石に堪らず出て
しましました。
美肌湯なのに・・・ 塩素で皮膚がやられてしまいそうです。

次に入ったのは、「カブラヲ温泉」と書かれた湯船で、源泉浴槽の隣にあります。
褐色に濁ったお湯で、硫黄臭がプンプン漂ってきます。どうやらこれが噂の硫黄泉らしいです。
入ってみた印象は・・・ お? これは以外と良いカモ? ハッキリと玉子臭がして、温泉に入っている
という気にさせてくれます。ただ、塩素のせいか、妙に作り物っぽい甘い臭いも漂っています。
玉子臭に混じって、最終的には妙な臭いになっていました。
ヌメリ感のある肌触りはなかなか気持ちいいですが、循環しているせいか、お湯はかなり劣化して
いる様子です。
風呂から出て知った話ですが、このお湯はタンクローリーで他所から運ばれてくるらしいですね。

この他、ジャグジーやら大浴槽やら、掛け湯やら・・・ 色々と試してみたのですが、どうもあまり
良い内容の評価が出来そうにありませんので、割愛します。


正直な感想ですが、また来たいかと言われると・・・ うーん、微妙です。
カブラヲ温泉はなかなか気持ちよかったので、その為だったら行きたい気もしますが、金額で
ちょっと躊躇しそうです。
今回は残念ながら私好みではありませんでしたが、ただ、静岡駅近くという立地条件で、一生
懸命がんばっていると言うことは、非常に評価出来ます。
湯量豊富らしいですが、お湯の使い方をもう少し考えてくれれば・・・ もっと素晴らしい施設に
なると思うんですけどね。

文句ばかり書いてしまいましたが、硫黄泉ではそれなりに楽しんだので、及第点の★3つです。