福島屋旅館(熱 海温 泉)
★★★
3.5

最終入湯日 : 2005-9/10
訪れた回数 : 1回

場 所
静岡県熱海市銀座町14-34
泉 質
塩化物温泉?
風 呂の種類
男女別内湯
電 話
0557-81-2105
料 金
300円
営 業時間
10:00 - 19:00











源 泉
鮮 度
個 性
風 情
鄙 び
環 境
飲 泉
循 環
塩 素
加 温
加 水






×




一 言コメント

ノスタルジックな造りに、ただただ感動。





言わずと知れた、熱海温泉です。
今まであまり興味が無く、近くに来ても素通りばかりしていたのですが、この日は何となく
立ち寄ってみました。
福島屋旅館は熱海の繁華街から少しだけ外れた所にある、昔ながらな感じの鄙びた温泉
旅館です。旅館ではありますが、地元民を中心に、多くの人が銭湯代わりに利用していました。

この福島屋旅館ですが、外観からもただならぬ雰囲気を感じる事が出来ますが、中に入ると
もっとビックリします。何だか、昭和30年代にタイムスリップしたかのような、ノスタルジックで
薄暗い雰囲気の、趣がある造りをしています。
浴室は床がギシギシ音を立てる細い廊下を抜けた先にありました。

結構広々とした浴室には、湯船が2つありま す。
しかし、お湯が張られているのは、手前の大き目な湯船だけで、奥の湯船は埃をかぶって
いました。
もう随分と長い間使われていないような印象です。
昔は、湯船が2つあって、大勢の人が利用する自慢の大浴場だったのかも知れません。
今ではただ古臭く、時間が止まってしまったような浴室ですが、華やいでいたであろう
一昔前の姿を想像すると、何だか感慨深い佇まいです。

さて、肝心のお湯ですが、かなり塩っぱい透明のものです。見た限りでは循環さえている
様子もなく、気持ちよく掛け流されています。少し甘い磯の香りに似た臭いがするお湯で、
とてもリラックス出来ます。

42度前後と思われる、そんなに熱いお湯ではありませんでしたが、濃い塩分のせいか、暫く入って
いると体の芯から暖まります。浴室内の風情を楽しみながらゆっくり浸かっていたら、体が温まり
すぎてしまい、湯上り暫くの間は汗が引かなくなってしまいました。
ダイエットには良さそうですが・・・ ^^;  冬場に利用すると良さそうな泉質ですね。


「熱海なんて、一昔前の歓楽温泉街で、お湯そのものはたいしたことない・・・」
そんな偏見を持っていたのですが、こうしてみると、なかなか良いじゃあないですか。
草津のように、熱狂的に度々通いたいと思う所ではありませんでしたが、静岡方面に行く際など、
ちょくちょく寄ってみようかと思うようになりました。