不老泉(別 府温泉)
★★★
3.5
http://www.city.beppu.oita.jp/01onsen/02shiei/05furousen/frowsen.html
最終入湯日 : 2005-10/9
訪れた回数 : 1回

場 所
大分県別府市中央町7-16
泉 質
単純温泉
風 呂の種類
男女別内湯
電 話
0977-21-0253
料 金
100円
営 業時間
6:30 - 22:30











源 泉
鮮 度
個 性
風 情
鄙 び
環 境
飲 泉
循 環
塩 素
加 温
加 水











一 言コメント

昭和天皇ご入浴の由緒正しきお湯は、今は地元の人の
憩いの場になっていました。






別府駅から少し歩いた所にある、地元の方々で賑わう温泉銭湯です。
昭和天皇もご入浴されたと言う由緒正しき施設です。
見た目には公民館なので、ちょっと通りかかっただけでは温泉と気が付かないような
外観をしていました。

中は実に広々としており、脱衣所、浴室ともに十分すぎるほどのスペースがあります。
共同浴場と呼ぶにはかなり贅沢な広さですね。
造りも洋風モダンと言った感じで、和の風情はありませんが、一昔前にタイムスリップした
ような錯覚を覚えます。
浴室内は、中央に大きな湯船がひとつ、どっしりと構えており、とても存在感があります。
かなり使い古された感がありますが、それがまた良い風情を醸し出していました。
たまたま私が利用した時間は、西日が浴室内に差し込んでおり、これがまた実に見事で、
このうえ無い安らぎを感じました。

なお、お湯そのものの特徴ですが、あまり個性を感じない単純泉です。
結構熱めなので、浴感がタップリありますが、お湯の泉質から来たものと言うより、単に熱い
からそう思える気がしますね。
女湯に入ったYoko曰く、鉄粉のような茶色湯花が浴室底に溜まっており、鉄分を含んで
いるのではないかと言っていましたが、私は気がつきませんでした。

利用した時間帯のせいもあるかとは思いますが、多くの地元民がお風呂セット持参で体を
ゴシゴシ洗っているのが印象的でした。
昭和天皇がご利用になられた風呂を、まるで自宅のもののように使える地元の方々・・・
なんとも良いご身分ですなぁ〜・・・
いつまでもこのままの姿で、更に年季を増していって欲しいと思いました。