土樽共同浴場 岩の湯 (佐工不動産温泉
★★ 2.5
http://www.yuzawa-culture.com/sotoyu/yuiwa.html
最終入湯日 : 2008-7/12
訪れた回数 : 1回

場 所
新潟県南魚沼郡湯沢町大字土樽6191-87
電 話 025-787-2787
風 呂の種類
男女別内湯
料 金
400円
営 業時間
7:00 - 21:00





飲 泉
循 環
塩 素
加 温
加 水
×




 
アルカリ性単純温泉
(佐工源泉) 33度 / 150L / H17.10.20
Na+ = 37 / K+ = 0.5 / Ca++ = 19 / Cl- = 17
F- = 1.1 / SO4-- = 57 / HCO3- = 18
H2SiO3 = 34 / 成分総計 = 185mg







湯沢町で発行している、共同浴場の湯めぐり手形。1500円で、5箇所の施設に入る事が
出来ます。この岩の湯の前に、すでに4箇所入っているので、ここが最後の1箇所です。
4箇所の感想を一言で言うと、1勝3敗。つまり、山の湯のお湯は素晴らしくて満足度が
非常に高いものでしたが、残りの3箇所は、塩素循環で、悲しい結果だったのです。
最後に残された岩の湯。果たして、結果は?

期待よりも不安の気持ちが一杯で辿り着いた所は、木々に囲まれたとても静かな所です。
広々とした駐車場がありますが、岩の湯そのものは、まるで山小屋のような、素朴な物で、
見た目の印象は悪くありません。
内部も小ぢんまりとしたもので、残念な結果だった他の3箇所みたく、立派な造りではあり
ません。もしかしたら期待出来るかなと、少しだけ気分が上向きました。



で、浴室。
内湯のみです。シンプルなのは良いことです。後はお湯。
岩風呂風タイルとでも言うのでしょうか?悪くないデザインで、舞台湯に
なっています。
ビジュアル的にはなかなか良さげ。
手前側には洗い場もあり、シャンプーなどの備え付けがあるのは、湯沢町
の共同浴場ならではでしょうか?

肝心のお湯は、無色透明です。
さて、浴感はと言うと・・・?


うーん、なんか、どこかで嗅いだことのある臭いがします。
あぁ、あれです。あれ。清潔に消毒されている臭いです。
そう。塩素臭ですよ。
つまり、この時点で、湯巡り手形でまわった5箇所、1勝4敗が確定した訳でして・・・
負けと分かった以上、長居しても仕方が無いので、早々に引き上げることにしました。
お湯についての印象を一言で簡潔にまとめると、「浴感無し塩素臭」です。以上。

でも、少しだけ擁護してあげると・・・
街道、宿場、駒子、そしてこの岩、塩素ブラザーズ4箇所のうち、ここが一番塩素臭が
弱かったような気がします。
私の鼻が慣らされてしまっただけかも知れませんが・・・

それにしても、湯沢町は一体何を考えているのでしょうね?
100歩譲って、塩素循環が絶対必要だとしたとします。でも、そんなお風呂の湯巡り手形
を作って、何がしたいのでしょう? 5箇所まわって、1勝4敗。唯一山の湯は本当に素晴
らしかったですが、次々に襲ってくる塩素循環のお湯達に、こんなに悲しい湯めぐり手形
は、私の湯めぐりの経験の中で、他にありませんでした。
湯の町、湯沢。自らその名前を穢しているような気がするのは、私の気のせい?
仮に特徴の無い単純泉だったとしても、鮮度良くお湯を使えば、気持ちが良いのですけ
どねぇ・・・

浴後、施設を出ると、ぽつぽつと小雨が降っていました。
なんだか、私の気持ちを空が代弁してくれているような気がしました。