千年の湯 (千 手温泉
★★★★ 4.0
http://machidukuri-kawanishi.com/src/onsen.html
最終入湯日 : 2007-11/23
訪れた回数 : 1回

場 所
新潟県十日町市水口沢121-7
電 話 025-768-2988
風 呂の種類
男女別内湯
料 金
500円
営 業時間
10:00 - 22:00





飲 泉
循 環
塩 素
加 温
加 水





 
ナトリウム−炭酸水素塩・塩化 物泉





千年の湯、だそうです。それにちなんでと言う訳でもなく、本当にたまたまだったのですが、
紅鮭がここで全国1000施設入浴を達成しました。万歳!
って事で、とってもメモリアルな所です。
ちなみに、元々は幼稚園で、それを改装した施設だったようですが、その幼稚園を元にした
施設は既に解体され、今では全く新しい施設に生まれ変わっています。
その頃に訪れてみたかった・・・ 残念。
今では場所も移っているので当時の面影は全く無い、まるで道の駅のような、斬新なデザ
インです。施設の前では地元で採れた農作物などを売っていて、とても活気に満ち溢れて
いました。

さて、内部。物凄い盛況ぶりです! と言うか、入ってすぐの所が待合所のようになって
いるのですが、皆さん飲み物や食べ物持参で、それを広げて、団欒されています。
凄い人だかり! ちなみに、この日は何かお祭りでもあったのか、施設の外にも物凄い
人だかりが出来ていました。なんでも、屋根の上からお菓子やらを巻くのだとか。棟上式
のようなイメージかな? いつ来てもこんなに混んでいるのかは分かりませんが、人の
多さに驚きました。



 

で、お風呂。こちらも大混雑かなぁと、少し 不安を感じながら中に入って
みたところ・・・
空いている訳では無く、それなりに人はいるのですが、表の賑やかさから
想像すると寂しいくらいの利用者数で、ちょっと一安心。皆さん、お風呂より
も空から降ってくるお菓子のほうが興味あるって事かな?お風呂は内湯と
露天がありました。

まずは内湯。入って左手側に湯船があります。20人以上ゆったり入れる、
とても広々としたもの。
施設外観からも想像出来る通りに、内部もしっかりとした造りで、洗い場
も使いやすそうにまとまっています。
さて、肝心のお湯。うっすらコーラ色をしたもので、モール系である事が分
かります。
お湯の臭いを嗅いで見たところ・・・ あぁ、この臭い! アブラ臭ではありま
せんか!
モール系の植物アブラ臭も混じっていますが、揮発系の鼻先をツーンと
刺激する、正統派アブラ臭です。

湯口が可愛らしくって、フクロウです。そこから、熱い源泉がドボドボと注が
れています。
湯口に鼻先を突きつけて臭いを嗅いで見たところ、更に強いアブラ臭で、
頭がボーっとしてくるほど気持ちが良い!
特筆すべきは、湯船の端っこにあるジャグジーです。
私にとっては、ジャグジーなんかあって迷惑くらいな物なのですが、アブラ臭
温泉の場合は別なんですね。ジャグジーの上に陣取ると、アブラ臭を一層
強く感じる事が出来ます。
思わず「うははははははは!!!」と、笑ってしまうほどに強烈!
これは堪りません!

続いて露天風呂。
こちらは、湯船がひとつあるだけの、シンプルな物ですが、一部庭園風になって
いて、それなりに雰囲気良いです。
お湯は内湯と同じ源泉。湯口がお湯の中にあり、そこから静かに注がれていま
す。
こちら、湯船が小さい事もあり、お湯の鮮度が素晴らしい!
お湯は肌触りツルツルで、じっとしていると、僅かながらですが、体に細かい
気泡の付着も確認出来ます。こっちも良いお湯―!

紅鮭の1000湯を飾るに相応しい、素晴らしい一湯でした。