湯元館 (咲 花温泉
★★★★ 4.0
http://www.sakihana-yumotokan.jp/
最終入湯日 : 2006-11/4
訪れた回数 : 1回

場 所
新潟県五泉市咲花温泉3049-1
電 話 0250-47-2131
風 呂の種類
男女別内湯
料 金
600円
営 業時間
要確認





飲 泉
循 環
塩 素
加 温
加 水





 
含硫黄-ナトリウム・カルシウ ム・塩化物-硫酸塩温泉
(咲花温泉6号井)  48度 / H16.9.17
Na+ = 296 / K+ = 10.1 / Ca++ = 87.4
Cl- = 358.4 / HS- = 9.6 / SO4-- = 324 / HCO3- = 43.6
H2SiO3 = 16.8 / H2S = 1.8 / 成分総計 = 1163mg



施設外観写真撮り忘れ・・・ 浴室からの眺めです



咲花温泉の一角にある旅館です。
入浴料金は600円で、新潟のお湯としては少しだけ高めの金額です。


 

お風呂は内湯のみで、結構こじんまりとした ものですが、阿賀野川を
望むことが出来る開放的なつくりをしたものでした。
私が入った直後は団体さんが訪れており、かなり混雑をしていましたが、
入れ違いに皆さん出て行かれたので、後は一人でゆっくりとお湯を楽しむ
事が出来ました。

とてもシンプルな浴室には、洗い場数人分と、旅館の規模からすると
少し小さい印象を受ける湯船がひとつあります。
元湯を名乗るだけあり、湯口から源泉が惜しげも無く注がれていました。

エメラルドグリーンの透明なお湯で、所々に黒い湯花を確認する事が
出来ます。
月岡を薄くしたような、やさしい硫黄臭が漂うお湯で、入り心地がとても
良いです。
じっくり浸かっていると、温泉成分が体の芯に沁みこんで行くような感じで、
幾らでも長湯できてしまいそうです。
遊覧船が阿賀野川を行ったり来たりしており、それをぼーっと眺めながら
入っていると、時が経つのを忘れてしまいそうでした。

濃すぎず、かといって薄くも無い、ちょうど良い具合の硫黄泉。
咲花のお湯がますます好きになってしまいました。
是非とも宿泊して、時間を気にせずにゆっくりと浸かってみたい一湯です。